BLOGGERS

Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.77:Meetingpoint Meets Beat In Me Japan @ Barcelona, SONAR OFF WEEK

6/13(火)

上海Elevatorでのギグ、Dubtilを招いての東京でのBeat In Meと、2週続けて大きな動きがありました。そして息つく暇もなく、そのDubtilを空港に送り届けた翌日の火曜日には、1ヶ月半のヨーロッパ滞在へ、まずはBarcelonaに向けて日本を出発です。そしてこの週の金曜日には自分にとってとても大きな事が控えていました。

なんと今回、この期間に行われているSONAR OFF WEEKのパーティーの一環として、Barcelonaのパーティーcheckpointとコラボレーションイベントを開催する事になったのです! 自分のやっているパーティーを海外で行うのは、前々回の章で書いた2004年に当時仲間達とやっていた『Boogie Nights』を香港で行って以来の事。しかし今回は、世界中の人が集まっているあのOff Sonarの中でのパーティーと言う事で、すごく大きな意味合いがありました。


3月の最後の日、翌日にRPR LIQUIDROOM公演を控えたタイミングで、このBarcelonaでオーガナイズされているcheckpointというパーティーのfounderからメールが届きました。これまでに何の面識もありませんでしたが、彼らは「i saw you were doing some cool stuff in Japan」と、僕が日本でやっている事を前から見てくれていて、今回今年のOff Sonarでのパーティーで日本のcultureとコラボレーションしたいと考え、その中で僕の事を指名して誘ってきてくれました。いつも海外でのDJでもそうだけど、自分から頼むと言う事は極力しないようにしてきている。別にそれ自体がいい悪いと言う事ではなく、ただ自分の信条的にほぼそうしてこなかった。まあそれが色々な実績の進展の歩みのスピードがあまり速くならないという一因になるのは自分で分かってるけど、それも仕方ない。

ともかくも今回、全く知らないところから自分の行っている事を見い出して認めてくれて声をかけてくれた。Barcelonaで自分のパーティーができる事と同じくらい、この事が本当に嬉しかった。


RPRのパーティーのど真ん中だったので、彼らが帰国するまで数日返事を待ってもらってから、ゆっくりとやり取りを始めた。聞くと、会場となるmeetingpointと言う場所は、数年前までofficialのSonarが昼間行われていた現代美術館(MACBA)の目の前で、街のど真ん中。送ってきてくれたvenueの写真を見たがとてもいい場所だ。

このcheckpointというチームのFacebook Pageも見てみたところ、映像ですぐに出て来たのは、なんとRareshがパーティーをクローズしている最高の場面。去年はRhadooやRareshらもゲストで招かれているのが分かり、これはもう安心だった。[a:rpia:r]のみんなにも聞いてこの企画は大丈夫だと確認し、話しは実現へと向かった。(これらのVenueは別会場です)




4月の後半から本格的に話し始め、どうやら彼らはこのOff Sonarの期間に、水・金・土・日と全部で4つのパーティーをやる予定との事。日曜だけ彼らのみのパーティーで、他の3日間はコラボレーションのパーティー。その中の金曜日のパーティーをBeat In Meとのコラボレーションパーティーにしたいと考えてくれていた。では他のパーティーはどんなのが入っているのかが当然気になり見たところ、水曜日はフランスのSeuilが主宰するEklo(この日だけ別会場)、そして土曜日はPark & Rideとどちらもバッチリ。
また既に決まっている出演者も、Seuil, Le Loup, Nastia, Topper aka Dead Rail, Re-UP, Spacetravel, Saverio Celestri, TC80, Zendid, Audio Werner, Anthea, Voigtmann, Vlada, Olga Korolと、これはもう完全にバッチリなパーティーだった。

日本人アーティストを自分入れて2, 3人入れられれば、という話しになって、最終的にPI-GEとJunki Inoueに参加してもらう事に決定した。そして日本人以外では、Topper aka Dead RailとRe-UPらが同じ日に一緒にやる事に。どちらも音楽的にも大きくは相違ないし、それ以上に前からの仲の良い友達なので、話しは決まった。

かくして、この4日間のパーティーはこんなラインナップに。自分的に、自分のパーティー、すごくいいメンバーの中に混ぜてもらったと思う。



そして、僕らの日はこういったメンバーになった。



『Meetingpoint Meets Beat In Me Japan』

16th June (Fri) 15:00 - 23:00 @Espai Txema, Barcelona

https://www.residentadvisor.net/event.aspx?976255#


ー FACEBOOK ー

『checkpointmusicart - June 2017』
https://www.facebook.com/events/468037933534803?__mref=mb

『meetingpoint gallery #10 - Beat in Me Japan』
https://www.facebook.com/events/1985881861646829/?active_tab=about


RA, clubberiaでもこのパーティーが行われる事をNewsで取り上げて頂きました!

RA
https://jp.residentadvisor.net/feed/100482

clubberia
http://www.clubberia.com/ja/news/6733-Beat-In-Me-Sonar-Festival-Dubtil/


ちょっと紛らわしいので説明しておくと、checkpointと言うのはBarcelonaの人気パーティーオーガナイズチームでパーティーの名前。
meetingpointと言うのは場所の名前で、この建物自体がとてもhistoricなもので、そこのエントリーの1F部分が普段はartを題材としての何かoffice的なところで、僕らBeat In Meがパーティーに使った場所もいつもはここに机を並べてみんなで仕事してるんだよ、って教えてくれた。そして月に1回だけ今回みたいなパーティーをやってるんだって。checkpointは、このmeetingpointを始め、水曜日にEkloとのパーティーをするBackyardでいつもパーティーを行っていると言う事。そして最初に出した映像のように大きなパーティーになるとクラブに場所を移してやる、という事のようだ。

ものすごく楽しみ。自分としても非常にいい経験となる事だろう。
さあ、いよいよBarcelonaに向けて出発です。そして同時に、この6, 7月のヨーロッパの旅もここからまた始まります!



6/13(火) 成田。空港着いたらすごく並んでた。団体の人が多いみたいだ。家で量ったのがちょっと正しくなかったみたいで、スーツケース33,8kgだったが、多分この混んでるので見逃してくれた。ホントはダメだよ、といいながら。ターキッシュエアラインズの男性スタッフ優しかった。


無事にチェックイン済ませ搭乗。ご飯食べてから7時間ぐらいずっとよく寝れた。

Barcelonaへ。


機内、セクションの一番前でしかも非常口の横、4人掛けの左2人中国人かのカップルに、俺の左隣りは無人、右端と完璧だった。これならお金払ってconfortの必要全くない。


無事にBCN着。今日はタクシーでなく、Aero busで行く。帰りは乗る事あるけど行きに乗るのは初めて。5,9ユーロ。安い。タクシーだといつも35ユーロぐらい。往復にすると60ユーロ近くの差になる事にビックリ。倹約するところはちゃんとして行こう。


今回はパーティーもやる事だし、より簡単にホテルにした。会場のmeetingpoitからなるべく近いというのが今回の必須条件で、且つうるさ過ぎなそうな場所で選んだ。Sonarの超繁忙期間だと言うのに1週間前に駆け込みで取った割には逆にベストに近いのが取れた。Universttatで降り、歩いてすぐだった。

ホテルすごく奇麗で清潔で感じいい。すごく気持ちのいい部屋だった。woodのfloorがいいんだろうな。これは、ありそうだけどそんなにない感じだった。今回ここで大正解だった。


少しして、去年秋に新しくしたスペインの携帯のロック解除の番号忘れでYoigoへ。すぐ近くにもあった。お客さん居なくて店員さん親切だった。イビサと違ってヒマでよかった。パスポート見せて番号教わったが、なぜかダメで、彼女曰くSIMが壊れていると。番号同じでSIMだけ7ユーロで買い直す。番号も変わる事なく、これでオッケー。

早くも日本食を食べようと、散歩がてらにいつも行ってる上の方にある日本食屋まで歩いて行く。



だがやっぱりかなり遠かった。そしてすごく暑い。33℃。6月なのに。やっと着いてランチ13ユーロの頼んだが、少なくて内容やはりショボ過ぎる。もうわざわざあんま行かなくてもいいかもと思う。これだったらホテルから1分のとこで見つけたタイみたいなとこの方が考えたらよっぽどいい。

と、ちょうどPedroが連絡して来てくれ、合流し、ここからとある店を探しつつそれが全く見つからずで、2人で炎天下の中延々とロングの散歩へと。



途中で偶然LiLiTHのナオキとミオちゃんに会った。おこちゃまのじょいじょいも元気そうで仲良くしてくれて嬉しかった。人間例えどんなに女の子にモテたとしても子供と動物に好かれない事にはいかんからね。いい時間でした。


結局合計したら4時間は歩いてた事になる。ちょっと歩き過ぎたなw



2時間ぐらい寝れなかったけど横になって休んで、夜12時くらいから出かける。checkpointの今日のパーティーへ。今夜の会場はBackyardという、タクシーで15分くらい北西に行ったところにある、言って見るとヴィラみたいなレストランみたいな感じのとこらしい。


中、すごくいい感じだった。gardenもある。
2つあるうちの1つ目のフロアーで、すぐに今回ずっと話しをしてきた相手のSampolが見つけてくれた。彼はDJでもある。今回この話しを受けたのには、いい話しだしいいパーティーだったと言うのもあるけど、加えて彼のやり取りが非常にちゃんとしていたから。海外の人達とのやり取りにおいては、相手がどこの国であろうと、普段から結構大変な事がとても多い。それが、今回は非常にスムースだし、こっちから話しかけたメールへのレスもほぼその場ですぐ返ってくるし、一つ一つの話しも事実に対して本当に正確だったというのも大きな理由となっていた。
実際も超いい人物だった。

Ekloが担当する奥のフロアー行ったらもう人が一杯。超いい感じじゃないか。


Alex(Seuil)とLe Loupやってた。フロアー超いい感じ。ハコの感じ、cdvに感じにすごく似てた。


他にも友達がいっぱい。明日一緒にパーティーやるRe-UPらにも会えた。

他の会場で0時とかまでやってたtINIのパーティーが終わって知ってる仲間が更にいっぱい来た。ARMA, Apollonia, Half Baked, Loud Contactのみんな等、いつも行ってるような近いパーティーの主軸達がすごい来た。実際にこうして見てみると、checkpoint実は人気もあるしすごくいいパーティーのようだ。

最初の方のフロアーではいつしかNastiaに代わっていた。人が居過ぎて会いに行けない。。

外はこんな感じのgarden。日本にはなかなか難しい、すごくいい雰囲気のvenueだった。ああいうとこ、うらやましいな。


4時に出る。が、何となく大丈夫だろ、と嘗めて出てしまったのが間違い。やはりここはBarcelona、相変わらずタクシーが拾えない。
店出る時に入口のセキュリティーにタクシー拾えるかな?って聞いて、とにかく下へ、と教わった通りにどんどん降りて行ったが。。


う~ん、タクシーと言うより、車自体をほぼ見かけない。。やっぱりタクシー呼んでもらえばよかったな。


でもこの日は意外と早く、20分ちょっと歩いて、偶然乗れた。でもあれはたまたまラッキーだ。危ない。。




翌日。6時間ぐらいとロングフライト当夜にしてはそんなに多くないが、よく寝れた。うん、大丈夫だ。
夕方4時過ぎにタクシーでいつもの会場へ。今日の昼間は[a:rpia:r] Showcase。3年連続の参加となった。


フロアー入ると、ブースに居たRareshが気付いてくれ、すぐに誰か迎えに来てくれた。Oliにも久しぶりに会う。嬉しい。PI-GEももう来てた。
スタートはPraslea。出だしゆっくりだったが、彼のウォームアップが本当に完璧で、以後最高のパーティーになった。今日のパーティーの陰のMVPはこの素晴らしいオープンを務めたPrasleaだ。


フロアーはいつの間にかもういい感じになっていた。バックステージはみんな遊び方がきれいで気持ちいい人がほとんどで楽しいけど、フロアーも何回も行ったり来たりする。ものすごく声かけられる。ありがたい反面、イコール、DJももっと上手くならなきゃと心底思う。


たくさんの友達に会えてよかった。仲間達だ。今年は5月にSunwaves行かなかったからな。みんな耳の事心配して聞いてくれる。ありがたいよ。

[a:rpia:r]は7時から。Rareshからスタートだった。


Pedro


それでも早い時間は人思いの外少なくて少し心配すらした。陽が落ちて来るのに合わせるように人一気に来た。今回のこのスペイン、例年に比べてとにかく暑過ぎる。日差しの下での外でのパーティーだった事もあり、みんなきっと暑い日中は出るのを控えていたのかなと思った。夜になったら人もいつも通りの感じになっていた。

夜になると、ここのライトのこの感じは本当に雰囲気が素晴らしい。


今年は、音的にもパーティー的にも、去年よりもよかった。それはやはり何よりPrasleaのスタートからの[a:rpia:r]に渡す前の5時間のウォーミングアップのプレイが本当に最高だったからそうなったのだと思う。全然勢いを付けて必要以上に上げる事なく、かと言っても退屈では決してないグルーブのこもったプレイ。本当に気持ちいい質の高いフロアーが少しずつ構築されていったのを見ていて感じた。そのすごくいい雰囲気が既に出来上がっているフロアーに誘発されるように、続く[a:rpia:r]3人のプレイも本当にいい内容だった。

今年も4/1に[a:rpia:r]のLIQUIDROOM公演を行った。ではあれと比べてどっちがどうなの?という声も出るだろう。あの最後の3時間は今日のこれもしくは他の素晴らしい時と比べても遜色は全くない。2年前の1回目の公演と共に、むしろ完全に勝っている素晴らしさだと思われる。これは間違いがない。だけども、やっぱりいかんともしがたく違うのは、ここが海外であるというこの事実。日本人はほぼ居なく。こればかりは、この何もしなくてもここにあるこの雰囲気ばかりは何をどうしても造り出して対抗する事ができないといつも感じる。内容とかとはまた違う次元の話しだ。



1時ジャスト終了。かなり疲れた。Oliらと一緒に出て、アフターのUpload、Toitoiに行ったけど、ここは中は結構音爆音だったので、もう今日はいいやと思い出る。タクシーが拾えないのは一緒。しばらく降りて歩いていったが、途中で幸運にもちょうど客が降りたのに遭って乗れた。あれは本当に本当に超ラッキーだった。去年の、毎晩1時間半~2時間タクシー拾えなくて彷徨った、ってのに比べると今年は昨日今日と超ツイてる。




翌日6/16(金)。午後1時起きる。大丈夫だ。8時間熟睡できた。
2時半過ぎ出る。場所までは3分ちょっと。バッチリ。着いてから正確な場所最初分からず。Macbaの受付のお姉さんが教えてくれた。すごく親切だった。
目の前はMACBA。現代美術館。


meetingpoint


着いたらまだ全然セッティング終わってなかった。中をデコレーションしていつもの風景から造り変えてる。朝からやってたみたいだけどそれでも時間が足りなかったようだ。

外のcheckpointフロアー。いい感じ。


こちらは今回Beat In Meが担当する中のフロアー


パーティーをやる時以外でも普段からartを発信している場所だけあって、元からの装飾部分も、加えてこのパーティー期間は特に細部まで色々と趣向を凝らしたデコが会場内のあちこちに。10人ぐらいのアートチームで色々やってるんだって。面白いよ、ここ。






セッティングが押しに押してしまった。でもうちらのフロアーはど頭2時間は彼らcheckpointが時間を担当してくれると申し出てくれていたので、それを丸々削ってくれ、結局本来の時間より前からPI-GEがサウンドチェックからそのまま4時半にスタートした。


本当のTime Tableはこんな感じ。

15:00-17:00 Sampol
17:00-19:00 DJ PI-GE
19:00-21:00 RAHA
21:00-23:00 Junki Inoue


逆に外は中よりも早くセッティングを終え、Sampolからスタートしていた。


早い時間に日本からSonarに遊びに来ていた男の子達が来てくれた。

7時からは僕がスタート。


しかし今日のパーティーは正直に言うと集客的にはかなり苦戦しました。他で同じ時間に超強力なNew Partyが行われていて、みんなものすごくそこに行っていたのもあった。まあそれは至極そうだ、口惜しいがこれはもうある程度仕方がない。もっと力を付けていくしかないのだと実感する。加えてヨーロッパがこの時期例年に比べてものすごく暑かったようだけど、ここBarcelonaも本当にもう完全に夏かと思わせるように暑く、ただでさえ特に昼間は平日の金曜日の日中のパーティーと言う事もありパーティー自体のお客さんの数もそこまでではなかったのに加え、うちらの中のフロアーは暑くてなかなかみんな入って来ても長居しててくれなかった。その中でもPI-GEのプレイは適度なエネルギーのある、でも落ち着いたいいプレイでさすがだった。

外では途中からRe-UPの2人が。外は適当な感じで人が出入りしてる。リストバンドで外出が自由だからね。

僕はどんな感じでやろうかなと思ったけど、PI-GEのハウシーな感じをそのまま引き継ぎ、特に前半はあまりRomanianなDeepな感じではなくやっていました。後半は徐々にいつもの感じに。そういう音のパーティーとして呼ばれているわけだからね。9時からは次のJunkiに引き継ぎました。

続いて最後はJunki Inoue


外ではこちらも最後のDead Rail(Topper)が回し始めていた。


そしてJunkiの後半は、外でTopperとb2bをやる事に。

この2人のb2bはすごくよかった。最後の1時間は結構いい雰囲気になってた。


結局パーティーは当初の23時の予定から時間を30分延長して、23時半に終了しました。


いやあ、今日はパーティー的に実際簡単な日ではなかったけど、その中でも出演してくれた各DJの人達、本当にいいプレイをしてくれました。本当にありがとうございました。

でも聞くと他のパーティーもどこも厳しかったらしい。いやあ、パーティーは容易い時もそれはあるけど、難しい!
でも今回本当にいい経験をさせてもらえた。checkpointのオーガナイズチームのみんなも、日本のDJのみんなのプレイもすごく評価してくれて、パーティー自体もまた是非やろうと言ってくれていた。本当にありがたいよ。今回一緒にやったバルセロナの彼ら、本当に気持ちのいい人達だった。checkpoint、今回誘ってくれて本当にありがとう!



自分のパーティーも終わり、この日は二度寝も含め久しぶりにたっぷり寝た。夕方過ぎにやっと起きたがそれでもまだ寝足りなかったけど。
遅くなったけど、meetingpointでの今日のパーティー、最後の1時間行く。ここからやっぱすごく近くていい。今回のこの場所、大正解だ。部屋もいいし。
今日のmeetingpointは土曜日と言う事もあるけど大盛況だった。昨日もう一つだったので悔しい気持ちもあったけどでもホッともした。やっぱ彼らのこれ、いいパーティーなんだな。最後に外でやってたSpacetravel、さすがによかった。最後にかけてたあの曲特にヤバ過ぎだったな。なんだあの音色。





23時ちょいに終わってすぐ出る。目の前のMACBA横の広場、土曜夜とあって人がすごい。


ここはスケボーやる人達の最も集まるポイントの一つだって。


今夜はもう最初から出る気もあんまなく、リストも結局連絡付かなかったし、パーティーはもういいや。耳もダメージ大きいし。途中で見つけたいい感じのBurger食べて帰る。あそこ美味しかった。今日は最初からなんかバーガーな気分だったからちょうどよかった。




翌日日曜日は父の日だった。実は、今回Barcelonaに着いてから思いの外、耳の調子が悪い。先々週上海行って来た時は、片道4時間のフライトと結構でかい音でのDJも含めて、全くと言っていいほど悪くなる事はなかった。でも今回の日本~イスタンブールのあの12時間のロングフライト、あれは実はまだかなりよくなかったように思われる。そしてそこのdamagedな状態からこちらのケタの違う音量でのパーティーの連続。ちょっとケアーした方がよさそうだ。それもあるし、今回このBarcelonaでは自分の関係するもののパーティーと、後は木曜日に行った[a:rpia:r]以外のものはもうスキップして体調整えようと日本出る前から思っていた。
あと、言ってしまうと、明日月曜日の朝6時には今のこのホテルをチェックアウトして9時の便でイビサに向かう事が決まっていた。そう、明日月曜のAmnesiaでのCocoonでは、毎年恒例のSonar明け月曜のRicardoの日なのだ。これは毎年すごく面白い。元気があればアフターもある。さらに翌火曜日にはUndergroundでのtINIのパーティーのオープニング。これも人パンでかなりいいのが分かっている。そして木曜日には今年初めてのRhadooへ。これはもう、ここBarcelonaではもう大丈夫、という気分だった。去年の土曜夜のRicardoのプレイはamazingだったらしかった。ここに居たけど行かなかったので少し悔しかった。だからきっとパーティーは違うけど今年のこの日曜のRicardoもすごくいいんじゃないかな、と聞いてもいた。でもこの日曜はもういいよ。どっちにしろ彼のDJは22:00-01:00。そこからまたタクシーが拾えない、と言う事になって下手したら帰宅に延々2時間、イビサへのフライトがあるホテルのチェックアウトは6時、これは危険過ぎるしストレスしかない。止めて正解だった。明日のイビサでその分もいい思いをしよう。


夕方5時半過ぎ起きる。
サグラダファミリアやカサバトリョに観光に行こうと思ってたが時間に余裕ないので結局止め、少し早めに最終日のmeetingpointに。 着いたら、19:30ぐらいに外のフロアーが向かいの広場でやってるフィリピンフェスティバルからの苦情で音が止まってしまっていた。Olgaの途中だったようだ。残念。こんなの今までで初めてだって。まあたしかにこの日のここら辺一体は、ものすごい人が居た。 少ししてOlga達はRicardoに行くから行こうよ、って言ってくれたけど俺は残った。一緒にやったこのパーティーの4日間の最後も見届けたい。今日は逆に外のフロアーを閉めたので、中では俺が着いた時にはAudio WernerとVoigtmannがb2bしてた。今日も人結構居て盛況だった。客層もいい感じだったな。まあラインナップもかなり強力だよ。


最後はAntheaが。すごく仲良くなったのは去年のここSonarからだが、彼女のあの性格とノリはホントにいい。最後締めくくってプレイもフロアーもものすごくよかった。終わって拍手が鳴り止まなかったな。
去年9月のイビサでSankeysのパーティーの後にClubのヴィラにアフター行った時によくしてくれたSankeysブッカーのあの彼もCheckpointの一員だったんだな。なんか色々繋がる。

いやあ、パーティー終わったな。終わってSampolにもお礼を言ってみんなと別れる。楽しかったな。
でも疲れた。耳もかなり。


今年のSonarはいつもとはまた違う気持ちと経験があったな。数時間後の明日の朝にはもうここを離れる。今回新たな経験もさせてもらった。さらにここから頑張っていけるように、また色々努力しないとだ。ありがとう、Barcelona。さあ、明日からイビサだ!