BLOG

Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.57:finally Ibiza


7/6(月)

さあ、今日からいよいよイビサに移動だ! またしても1時間も寝れなかったが仕方ない。朝食食べてたら出るの少し遅くなってしまった。4Fの部屋から外まで、階段下りだから来た時よりもまだ全然楽だけど、それでも荷物降ろすの大変だった。多少は軽くなったがやはりまだ重い。階段きつかったなあ。表出たけど家の前の道タクシー来ない。荷物持って表通り出たけどダメで駅前まで行ってやっと乗れた。予定より結構遅くなってしまったな。結構ギリだ。大丈夫か。。そしたら結構混んでたところ、運チャンかなり無理して急いでくれてなんとかOK。ここはお礼のチップをはずむとこだ!

Berlinの空港。こういう自動販売機は見てると各土地の印象が思い出されるから好きだ。


今回は直行便がなかった。まずイビサのわりと近くの島、Mallorcaへ。ドイツに居てIbizaに行くのに直行じゃないの実は初めてでちょっとめんどくさいなと最初思ったけど、経由地がこのマヨルカで、マヨルカまだ行った事ないから空港の感じだけでも見るのもいいかもと思ってこれにした。まあ他にいい選択肢もなかったけどw 結局45分delayした。


子供連れが多い。まずMallorca行きだからってのがあるだろうな。目の前で並んでたお母さんと男の子。お母さんが首をくすぐって子供が喜んで何度もやるのを待ってるのを見て、お母さん大好きなんだなと思った。

飛んでからは順調だった。また25ユーロ出して足の広い席にしておいたがこれはやはり大正解。倍くらい違う。
隣に座ったすごく若いカップルがずっといちゃついてたが、これが幸い。隣にマシソンのようなでかい男とかじゃなくて女の子が座っててくれてよかった。しかも反対側の彼氏の方にずっとくっついてて思いっ切り寄ってるからこっち側空き空きだし。マシソンが隣で肘を貼り出して座ってるのとの違いを想像してくれ。


Mallorca着。空港広いし明るいしいい感じだ。大きさはIbizaと同じくらいだな。接続のIbiza行きも20分ほどdelayで大丈夫だった。airport wifiあったが遅過ぎで使えず。


さあ、いよいよイビサへ!




到着!なんだか久しぶりの感じがする。去年当然来てるけど久しぶりに後半のみだった。だから間もそこまで空いてないんだけど、やっぱ去年少なかったからだな。なんか新鮮でいい。この新鮮さ、久しぶりだ。トランク出てきたの一番最後の最後だった。いやあ出てきてよかった。


駐車場でいつも通りにレンタカーのおばちゃんが待っていてくれた。いつもこの再会から島の生活が始まるのが嬉しい。



まずはいつものように荷物取りに友達の家に寄る。いつものようにスイカが出てくる。ここのスイカ好き。



すぐに今回泊まる家に移動。今回は5月のSunwavesの時に、次のイビサでは是非家に泊まってくれと言ってくれた仲間の家にstayする。その仲間と言うのは、なんとNext Waveオーガナイザーのリカルディーニョ。なんかどんどん面白い感じになってくるよ。共同生活あんま得意でないけどこれもまた今回の楽しみだ。エリアはSanta Euraliaの方。今までこっち側に住んだ事はなかったけど、King始めここに住んでるアーティストの多くはSanta Euralia周辺がテリトリーだったりする。今までとは若干違うライフスタイルになりそうで、それも楽しみだ!
無事に到着。今回のここん家は犬8匹、猫2匹も居る動物家族だ。犬達もすぐになついてくれ、新しい生活が始まった!


シャワー浴びてゆっくり休んでから、さっそく夜はDC10へ。見回りの開始だ。


今夜はこんな感じ


知り合いたくさん居てやっぱ落ち着く。やっぱイビサは多いや。今日、中で回してたMargaret、時間早くて聴けなかったがこの日はたくさん話した。彼女の価値観好きだ。話しがなんか合う。そしてここはそんな感じで話してると、おー久しぶり!とDamianとかも寄って来てくれるのが雑多で楽しい。みんなに会えるのはやっぱいい。やっぱイビサは特別だ、その点。




翌日はさっそくビーチへ。待ち焦がれていたよ、本当に :) この日は好きなビーチの一つ、久しぶりにSa Caletaへ。
途中の空港の近くのcafeで朝食。イビサのこの地元のレストランの感じ、好きだわー。


到着!


カルロス矢吹くん著の『のんびりイビサ』の表紙の写真はここだろ。





人多くなくていい。田舎丸出しでマナーも悪い観光客も居ないし。4時過ぎからゆっくり7時半までよく焼いた。海もぬるくて気持ちいい。でも剥がれていない側のもう片方の足の爪が今にも取れちゃいそうで以後自重した。やっぱ海だわ、海素晴らしいな。


海の帰りに寄ろうとしたSant Jordiの中華バイキングがなんとつぶれてなくなっていた。。これは本当にショック。また一つ食を繋ぐ貴重な所が減った。。


家に帰って軽く仮眠。2時間ぐらい寝てなんとか起きるが、体疲れてるのが分かるなあ。筋肉もね。32kgのトランクやっぱこたえてるわ。弱点の右腰に明らかにね。
3時前目覚ましで起きる。パーティー行くの辛いなあ。でも今日のは行きたい!

UG - Sammy Dee。金曜日のPerlonでの流れだからね。これはよっぽど疲れてても行かなきゃへなちょこと言われる。自分に。

今の家からも近かった。7, 8分で到着だ。南北で言うとちょうど真横。地図をずっと左にズンズン行く事になる。今までそんなには使っていなかったこの道を今回ものすごく使う事になる。交通量も少なく走るにはホントいい道で気持ちいい。

4時半中へ。今年初めてのUnderground。みんな暖かく迎えてくれた。すぐにここのボスに会い、すごくすごく喜んでくれた。ブースのセッティングが変わったとの事で、今年は1回ここで回してもらうからな、と言ってくれた。外左のフロアーが板張りになってた。それ話す時すごく嬉しそうだった。Sammy達にも3日振りに再会。なんかみんなあったかくていいなあ。


なんかそんな混んでもなくいい感じだった。SammyのDJもすごくよかったようだ。


ここのボスを見てて思う。また周りのお客さん達もそうだ。イビサに限らず、ここヨーロッパではとにかくシーンに大人が多い。ちゃんと残っているのだ。一方の日本を思った時、男でも女でも、ある一定の年齢に差し掛かるとなぜかみんなそれまで情熱を注いでいたクラブ遊びをパタリと止めてあまり出なくなってしまう人の割合がとても多いように感じる。クラブ遊びと言うと狭く捉えられてしまうかもしれないので、遊びを当然含むクラブに踊りに行く事、と言ったらいいのだろうか。人それぞれに事情があるのも分かるから一概にくくっては言ってはいけないとは思うが、でもよんどころない事情もないのにそうである傾向に関して言えば、それってなんか実に日本ぽい行動パターンだなあと思う。年齢で区切って行動を制限する。要はそれでやめられるぐらいの程度の好きだったのだなあ、と言うふうに感じざるを得ない。若いヤツらだけでなくもっと幅広い年齢の人が遊び場に散らばっていた方がシーンが面白いと思うけど。俺がイビサが好きな理由の一つに、ここではあらゆる音ジャンルのところで年上の方達が全然相変わらず遊びに来続けているのだよ。すごく楽しんでるのが分かる。実にいい感じで素敵に見える。そして実際カッコイイのだ。人生最後まで楽しみ続けるんだろうなあという感じを彼ら発散している(笑)。

また一方で、「今のxxxシーンは大人しか居ないのが問題だ」とか(まあそうとも言えるのかもしれないがでもこれはちょっと違う論点があるのでここでは省く)、まあそれはいいとして、特に言いたいのは、Twitterなどでも自分達の事を必要以上におっさんなどと自分で表現している人達が周りにもそうでなくてもものすごく居て、そう言うの見聞きしててマジでよくないなあといつも思っている。少なくともヨーロッパのクラブシーンではそんな事自らいちいち言い合ってる人、まず見た事ない。不要な卑屈な感じが、マジで日本ぽい、考え・発言だなあと思うよ。冗談半分だとしてもね。言葉は生きてる。言霊。口にすればどんどんそのイメージは命を吹き込まれシーンにも蔓延する。シーンに対してもネガティブな雰囲気・影響以外生み出さないと言う事がなぜ分からないのだろうか? 冗談でも自虐的にそう発言し合っている間はシーンはどんどんダメになるよ。気付かないと。



朝家に帰るとこういうやつらが迎えてくれる。





この日は11時間ぐらい寝た。
今日はtINIのパーティーへ。NO NAME。


この日はちょうどいい事にファミリーのNima Gorjiがゲストで入っていた。プレイ悪くなかった。
そして今日はtINIはsickで休みだって。耳の病気でドクターストップと言う事で心配だが。。なので最後までNimaがプレイしてた。ファミリーのみんなとも会いゆっくり過ごしたよ。


素晴らしい自然と一体化している。これがイビサの魅力だ。
これはどこかの惑星かのようだろ。




12時終わって機材の片付けとかもあるみんなから一足先に出て、Portへ行ってみる。人多かったな。10月に行くよりやっぱ人が居ていい。寂しくならない。


port沿いの道、工事して広くしてた。こっちの方が感じいいかもだ。


ご飯食べてから少し歩いて回る。いい感じのfresh juice屋見つける。美味しかったし、ビタミン補給できた。


友達の店とかをグルッと回って帰る。うん、centerいい感じだ。




翌日は夜みんなとDinnerだ。Santa Eulaliaのメキシカンへ。去年[a:rpia:r]のみんなともdinnerしたとこだ。ここの食材は全部自家製で無農薬でフレッシュ。こっちに住んでる人はこういうのすごく気にしてる。

行きがけに街に車停めてからドリンク買い置きする。安い。Aquariusの1,5Lが1,69eur。空港では0.5Lが3,50だからかなり安い!!


街にもちゃんとゴミ箱があっていい。日本はテロ防止とかなんかそういう理由もあるのも分かるけど、東京も街にもあまりにゴミ箱なさ過ぎる。やっぱ大都市ってそういう点息苦しさを感じざるを得ない。


子供入れて8人でのDinner。去年も食べたBarger食べてお腹いっぱいに。美味しかったな。


見た事のないジュース


Nice Dinnerでした。



そしてなんとここでビッグニュースが飛び込む。Dinner中にRhadooからメールが。来週木曜彼のパーティーでDJしないかって。
もちろんyes!! ついに来た!!




夜は一人Enter.へ。1回ぐらい行っとこう。ちょうど今日はHitoちゃん居るし。

Sake


Hitoちゃん。そしてBerlinからIbizaに初めて遊びに来てたダイちゃんは初めましてで仲良くなった。ダイちゃん面白い。これは写真暗過ぎか~。


だけどみんな、前もここで言ってるけど、クラブでここなら場所的にいいだろう、ってとこ以外で写真のフラッシュ焚いちゃダメだよ。これ常識だから。これ分かってなくてやる人もちろん海外でも見受けられるけど、これ遊びの世界のマナー知らないビギナーですって事だからね。日本にはしかし多過ぎるね。


Enter.はまあEnter.でしたw




2時UGへ。オープンからRhadoo一人。素晴らしかった。VIP入ると全員仲間達!中の部屋も全員仲間。やっぱこの感じのイビサ、最強だわ。非常に居心地良かった。


今日はとにかくホントと言えるdeepな距離と存在の仲間達と一晩一緒に遊べたのがマジ最高だった。まずはこのイビサで一番のパーティーだったな。楽しかった。


6時終わって、Rhadooから来週ね!と言われる。オープンの11時から俺は居るから何時に来てもいいよって。オープンからやらせて頂こう。それまでのこの1週間、とにかく曲のチェックと練習だ。そして体調。ひとつ肝に銘じて行動しようこの1週間。

帰りは来たのと反対、一路東へ走る。今回UGに何度行った事か、その帰り道の朝、いつもこのサンライズの風景を見ながら家路に着く。これは悪くなかった。





翌日夕方。ロシアのARMAの友達からメールが来る。来週金曜にイビサ来るって。そんで翌週火曜日にARMA@UGやるって。ナイス! だがこれでは水曜日の夜にIbizaを出ようとしているの、ちょっと無理過ぎるんじゃないか? 水曜アフターあるんだろうし。。最低1日、最大で1週間、帰国日をずらす事をここから真剣に検討し始めるのであった。

少しして出る。Dalt Villaの裏のあの大好きな岩場へ行く。6時半着いてゆっくり焼く。いい感じ。こうしてゆっくりしていると、ホント小さな事はどうでもよくなる。



8時になり上がる。ちょうどいい。centerへ。お城の駐車場停めれた。お城のとこで地元のお祭りやってた。


お城の中通って来る。やっぱイビサいい感じだ。


生活がある。


ここ美味しい。



芸者Barへ。日本人のタケさんが去年出したお店。


今日は1周年のパーティーと言う事で、こんなライブも。


友達も久々に会って楽しかったな。


帰りPlaza de parqueでお茶して帰宅~。




帰ったら、先週のチリのcigarra fmで流れた俺のset聞いたアルゼンチンの人からamazingだってメッセージ来てた! ブエノスアイレスでdelightっていうレーベル&パーティーをオーガナイズしていて、BaracとかThomas Melchiorとかいっぱいやっているみたい。それで、毎週金曜日に8BITZ RADIOっていうラジオでVNIGHTSって言う番組をやっていて、そのRadio ShowにMixを作ってくれないか?というオファー来た。
ありがたい話しだ。こういうふうに自分のMixを聴いてくれた人がホントにいいと思ってまた別なオファーをしてくれる、そう言った広がりを大事にしていきたいと思う。日本帰ったら次出るまでの間に作って送らないと。チリはこれまでラジオ/PodcastもDJも何回もやってるけど、アルゼンチンは初めての国だ。楽しみだな。


*これ、このclubberia書くタイムラグの間の先日8/22に既に放送されました。僕のSoundcloudのページとあとアーカイブが残っているのでよかったら聴いてみて下さい。






翌日もBeachへ~! 今日は大好きなCala Contaへ。やっぱりここの海好きだなあ。


やっぱりここは素晴らしい。サンセットも美しいや。


最後意を決してEs Vedraでサンセット見る事に。時間ギリギリだったが移動。20分ちょいでなんとか着いた。ギリギリ間に合った。


美しかったな。Vedraも見に来れてよかった。1回に一度来ればいいけど。





帰りはFigueretasのいつものargentine barbacoreへ。ここは安いわりにまあまあ美味しくてお腹もいっぱいになるので昔からよく行くが、今年からなんとWifiが入ってた!これ大きいぞ! 量、すごく多いいんだけど、今までで一番さくさく食べれた。今、今回体調とかいつもより断然いいんだろうな。



夜、Spaceへ。Martin Butrich, Josh Wink, Steve Bugらに会いに。それとマネージャーの友達と少し話しに。Martinも1ヶ月ちょい前にCircoloco Fesで日本で会ったばっかりだからな。

Kehakuma


メインフロアーの方はelrow。デコすごいから見て来た方がいいよ、と言われ行ってみる。Barcelonaのパーティーでここ数年Privilegeでやってたけど今年から土曜のSpaceらしい。ちょっと派手奇抜で音は少し違う感じだから今まで行った事なかったけど、これが予想に反してよかった。今日はRowshow Brasilのテーマの日だったようで、そのshowmanshipがなんか、最近はずっと飾り気を排除したパーティーに行ってばかりだったので、でもまたEDMとも違う、初めてイビサ来始めた頃の新鮮な驚きがあった。かなりド派手に思い切り演出していた。かなり刺激を受ける部分あったので、見て本当によかったな。


ダンサーの最後に見た女の子、容姿・スタイル・ダンスかなりハイレベルだった。最初の2つが伴うのは簡単だけどそれにその3つ目がきちんと備わっているのはそう簡単ではない。このコは体の方程式もしっかり理解していて、見てて釘付けになったな。日本のお立ち台ダンスやってるコで方程式ちゃんと分かって踊ってるように見えるコ、実は少ないからね。





翌日は日曜日。午後早く起きて、一番好きな街へランチしに行く。やはりいい感じ。ここは本当に素晴らしいなあ。




今日はこれ!

NEXT WAVE | Nicolas Lutz & Binh | SPACE IBIZA
https://www.facebook.com/events/397153753825832/

これを島のアンダーグラウンドの人達みんな楽しみにしていた。Next Waveは先月のBarcelonaでのプールパーティーに続いてのパーティー。楽しみだ!

パーティー前のそのDinnerへとPlaya den Bossaへ。だが、日曜と言う事で道混んでたなあ。


Lucianoから誰からみんな居た。


10時前、Next Waveチームで出てSpaceへ向かう。


Nicolas Lutz x Binhスタート。いい感じだ。


かわいいコ達オープンからいっぱい来てた。オープンから相当楽しかった。

今日のSpace Sunset Terraceはすごく良かった。今週、木、土、日となんと4日で3回目のSpaceだったが、今日は雰囲気が全く別。仲間達が大勢集まっていてすごくよかった。あのDJ2人のせいもすごくあるなと見てて思った。仲間がすごくいい。
2人のプレイもユニークで面白かった。あの2人のプレイがSPACEに合うのか疑問に思っていたが、今日はfitしてた。すごく楽しかったなあ。

もう一つのTerraceの方は12時オープンでValentino Kanzyaniから。そしてSneak。


メインフロアーの方はCarl CraigやMirko Lokoらがラインナップ。楽屋裏で彼らとも再会を喜ぶ。
これはMoritz Von Oswald。いつもながらの厳しい表情w


疲れた。5時、Valeらと一足先に行ってたみんなを追ってアフターのヴィラへ。ここではLucas Ferroがずっと回していた。昼前まで仲間達とリラックスした。





翌火曜、水曜はやる事は一つ。練習と曲の整理だ。木曜日にはいよいよRhadooのパーティーでのDJ。ある意味、これは何人お客さんが入ってるかとかを超越した次元で今までで一番のgigと言ってもいいかもしれない。だが問題は、今、旅中で準備が万全でない事。東京に居れば家で毎日機材触るし、いつでもベストです、って言える。でも今は2週間前にBerlinで一度少しやらせてもらっただけで、それを除くとこの1ヶ月、全く機材いじれていない。この状態でやれるのか?

当然やるしかない。チャンスなんて目の前に来たものをpassすれば次はいつまた巡ってくるかなんて世の中には保証はないのだ。とにかく大丈夫にするしかない。と言う事で、この火、水の2日間は友達のスタジオを使わせてもらって曲の整理やMixの確認に時間を割く事にした。

さんさんと降り注ぐ太陽にも全く目もくれず、この2日間は没頭してたな。おかげでいい準備ができた。

明日はいよいよこのパーティーでDJする。一つの夢であり密かに今年の大きな目標だった。それが現実のものとなる。明日はやるぞ! 自分のベストを!


Rhadoo & Friends at Ibiza Underground

PREV
Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.75:上海Elevator - micro/waveでのギグ
Ibiza Through RAHA’s Eyes - vol.75:上海Elevator - micro/waveでのギグ