EVENTS
< >

秋葉原重工 - Akihabara Heavy Industry Inc. #7

これまでオールナイトイベントとして不定期ながら約2年間続けてきた秋葉原重工が、今回はデイイベントとして開催!
レジデント陣はそのままに、今回も強力なゲストを迎えて開催します!

--
●SEKITOVA
1995年、元旦生まれの高校生トラックメイカー兼DJ。14歳の頃よりDTM でのトラックメイク、16歳でDJとしてのキャリアをスタートさせる。
2011 年にはインターネットレーベル『Maltine Records』よりEP をリリース。その認知度をより深めた。初期には幅広いジャンルの制作を行っていたが次第にルーツであるミニマルテクノやテックハウスにアプローチを寄せるようになる。中でも昨年末にsoundcloudにて発表したアンビエンスなピアノハウストラック『Fluss』は大きな評価を得て、日本のみならずドイツなど本場のシーンからも沢山のアクセスを受けた。DJとしても歌舞伎町Re:animation、新宿でのETARNAL ROCK CITY Fes. への出演など大規模イベントへのブッキングも増えており、これからの活動に期待が寄せられる。

●TAKAMI ( REBOOT / MOON AGE / BUZZ×3 / "7" )
1995年からDJを始め、現在は「REBOOT@elevn(西麻布)」、「MOONAGE@ageha(新木場)」、「BUZZ×3@ROCKWEST(渋谷)」、「"7"@ArcH(新宿)」のレジデントDJとして活躍中の他、2012年5月より、日本初のダンス専門インターネットラジオblock.fmにて「radioREBOOT」(毎週火曜日 24:30〜)をレギュラー担当。
東京を拠点にテクノ、ハウスを問わず日本各所や香港など様々なパーティーでゲストプレイし意欲的な活動を行っており、CRISTIAN SMITH、HARDFLOOR、SUBHEAD、MARCO BAILEY、CRISTIAN VARELA、TOMEHADESなど来日時にも共演し、「TECHNO」を基本とした独自の選曲と安定感のあるプレイスタイルは、幅広いオーディエンスやDJの間で評価が高い。
また、ロック&クラブマガジン「LOUD」によるDJ人気投票「DJ 50/50」にも、2006年より連続ランクインを果たし、その人気の高さが伺える。
2002年9月には自身、MOON AGE RECORDINGSから初リリースとなった「AGAINST THE OVERDRIVE E.P.」はQ'hey、DJ SHUFFLEMASTER、YAMA、DJ UIROHなどから高い評価を受けた他、ドイツのクラブ誌「raveline」では5つ★の評価を得て話題を呼んだ。数多くのトラックをリリースし、その楽曲のオリジナリティーの高さからリミキサーとしても作品を提供している。

http://www.takami.info
http://www.facebook.com/takami.info
http://takamidotblog.blog123.fc2.com
http://twitter.com/djtakami
http://block.fm/program/radioreboot.html

●Sango ( Hardonize / IGNITION )
2004年7月よりDJ活動を開始。茶箱@早稲田を活動の拠点として都内各所に出没。
選曲・精度・流れという三要素に重きを置いたMIXスタイルをモットーに、数多くのイベントで安定感のあるプレイを披露している。
ハードテクノ・ハッピーハードコアと極端なジャンルでの活動が多い。「インターネット寄りのDJ」としての面もあり、
2ch発祥「ClubVIP」での活動も行っていた。ニコニコ動画においても早々にMIX動画を多数投稿し、
特にミキサー操作を解説した動画は現在も若手DJの教材として重宝されているらしい。
好きな言葉は「フルレングス」と「セパレート」

●megsis ( VOCALOID-ManiaX )
歌う女性ドラムンベースDJ。
1987年生、2011年10月に秋葉原MOGRAにてデビュー。
ボカロ×クラブミュージックをコンセプトに掲げる「VOCALOID-ManiaX」をはじめ、
ドラムンベースオンリーイベント「どらむん町内会」 ・快進撃を続ける「MIXXXTURE」 そしてニコ生発パーティ「 PleasanTness」 のレジデントを務める。
UstreamでのDJ番組を中心に活動するDJ/トラックメイカー集団「Loopyrelay」の一員。
en;Dolphin Records所属のヴォーカリストとしても活動している。
パワフルに踊り、ソウルフルに歌う。
全身で表現するDJプレイは、見る者を圧倒する。

http://megsis.secret.jp/
http://twitter.com/#!/DJmegsis

●neknee
長らくホテルマン生活を送っていたが、映像の仕事に憧れて週末に結婚式場での撮影の仕事を始める。
テレビ局のカメラマンを志し映像プロダクションに面接に行ったところ、クラブでのVJの仕事を紹介された。
その後、9年に渡るVJ生活の中でVJ業界で初めて「潮吹き」という手法を確立。
「ゴールドフィンガー」という異名が知れ渡り、DJギア販売店等で、本人の手から型を取った「nekneeの手」という商品が売られることとなる。
VJという仕事上、手と爪の手入れにはかなり気を使っており、毎日、入念な手入れをしている。爪は爪切りで切っているのではなく、ヤスリで整えている。
ほとんど深爪の状態になっているため、服のボタンが外しにくいと語る。また、缶コーヒーのプルトップも開けられない。
彼の出演する現場には、彼に癒されたい寂しい女性の幽霊が出現するとの噂がある。
VJの際、緊張をほぐすのに股間を握る癖があるが、ある時、誰のかわからない手を掴んでいたという話が、関係者により証言されている。
所有する資格は珠算2級、英検2級、簿記3級、情報処理2級、柔道初段、合気道初段、JAF四輪国内A級ライセンス、日本プロ麻雀連盟4段。