ARTISTS
< >

DUCK ROCK

1990年代初頭P-Picasso Club Nextでのレギュラーパーティを機にDJをスタート。DJセットでは、ハウス、ブレイクビーツ、エレクトロとその時代の最新のエレクトリック・ミュージックを軸に、時に60~90年代のモンド、ロック、ニュー・ウェイヴ、インディーなどの音楽をアクセントとしてミックス。質感の異なるそれらの多様な音楽をBPMで組み合わせ、完全な形でミックスさせていくそのDJスタイルは、現在も変わらずでジャンルの違和感を越えユーモアに溢れている。1999年以降は現在のDuck Rockに名義を改め、DJにとどまらずリミックスやプロダクションも本格的にスタート。The Jon Spencer Blues Explosion, Space Cowboy, Polysics, Digiki, Ramrider, Detroit7他からのオファーを受け、数々のリミックス作品を手掛けオフィシャル・リリースされてきた。2002年にはKSRよりMix CD 'Sound Republic Vol.2 Mixed by Duck Rock' (KCCD-092) を発売。その後もコンピレーションに参加を重ね、現在もリミックス等のプロダクションとDJとで平衡して活動している。

Duck Rock's explosive DJ mixing skills of the latest in electro, house and break beats together with 70's rock classics, 80's new wave and sometimes an odd mismatching of two completely different tracks, is what he is best known for and the key element with which he makes his crowd go wild on any given night. Duck's remix work can be heard on tracks by big name artists such as The Jon Spencer Blues Explosion, Polysics, Space Cowboy, Tokyo Sluts, Atomizer, Ramrider, Detroit7, Digiki and many others and his 2002 release of mix CD "Sound Replublic Vol.2 (KSR)"