ARTISTS
< >

SONOMI

くレーベル

05年期待の大型新人。青森県出身。
KICK THE CAN CREW、Rhymester、アルファ、AI、MISS MONDAY、餓鬼レンジャー、GAGLE、CUEZERO、ラッパ我リヤ・・・等、数多くのメジャーアーティストのフロントアクトも務め、青森フルヴォリュームCREWのフィメールシンガーとして華麗なshowcaseを魅せてきたシンガーSONOMI。
1999年頃から地元青森のクラブ・イベント「FULL VOLUME NIGHT」(現在はCONTROLというタイトルに変更)でライブ活動を続け、男女を問わず熱狂的なファンを増やして今や青森のイベント集客No.1を誇るほどに。
その傍ら、2000年には東京へ拠点を移し、東京のアンダーグラウンドシーンで活動を行う中、KREVAに見出され、2004年には、KREVAのシングル「ひとりじゃないのよ」やツアーにゲスト参加という異例の抜擢。「ROCK IN JAPAN FES.04」のメインステージという大舞台にもKREVAのゲストとして立つ。また、KREVAツアー会場での限定リリースとなったプレ・デビュー盤「Very Nice!」は全会場で即完売し、今やネットオークションを賑わす超レア・アイテムに。
そんなSONOMIがついに2005年6月15日に、KREVAが主宰する“くレーベル”の第1弾アーティストとして単独デビュー。しかも曲はその「ひとりじゃないのよ」を抜本的に刷新した新曲「一人じゃないのよ」。KREVAが再びアレンジしたトラックに乗るのは、ラップではなく原曲を凌駕するほどのSONOMIによるしなやかなメッセージとメロディ。その制作やライブの模様は、フジテレビ系の音楽番組「69★TRIBE」でも1ヶ月に渡って取り上げられ評判を呼んだ。そして7月20日にはKREVA全面プロデュースによるアルバム『S.O.N』もリリース!
普段はファッションや音楽が好きなどこにでも居そうな普通の女の子。でもその素朴でナチュラルな語り口や佇まいとは裏腹に、ヴォーカリゼーションの迫力や艶はまるで別人格。ライブでもその生命力に溢れた凛とした歌いっぷりに、初めて見るお客さんも拍手喝采を送るほど。その普通の女の子ならではの視点で綴られたリアルに共感できる嘘の付けない歌詞と、SONOMIの温かな性格が滲み出た優しくも芯のある歌声は、まやかしのR&Bシンガーには決して表現できない、些細な感情がストレートに響くもの。R&Bという枠を超えたところで、変に肩肘張らずに自分を表現できる素晴らしい歌い手、SONOMIは、まさにネクスト・レベルのシンガーと言える。2005年期待の大型新人!