ARTISTS
< >

King Britt

Slip N Slide/Swank Recordings

学生の街、自由と独立の街、フィラデルフィア。Jay-ZやJazzy Jeff一派のヒップホップ&ニューソウル勢が目立つところだが、ハウス方面のキーパーソンがKing Brittである。生っ粋のフィラデルフィア育ちの彼は、小さい頃からソウル、ファンク、スカ、ニューウェーブといった多様な音楽に親しみつつ、ローカルのクラブでDJを開始。92年にはDigable PlanetsのライブDJを務める。94年頃からリミックスやプロダクションも開始し、同郷のJosh WinkとOVUMレーベルを設立。そしてシーンに浮上するきっかけとなったのが、King Britt名義でリリースしたシングル「The Reason」、Sylk 130という名義でリリースした70'sファンクへのオマージュアルバム『When The Funk Hits The Fan』である。特にシングル・カットされた「Last Night A DJ Saved My Life」でfrancois k.が素晴らしいリミックスを施し、ディスコサウンドのルーツに立ち返ったようなグルーヴィーな音が、フィリーの全盛期を多くの人に思い起こさせたのだ。そして、ルーツに立ち返った80'sのブラックミュージックを繰り広げる"Sylk 130"、未来志向のトランス感覚が特色の"Scuba"といった数多くの名義を使い分け、作風もハウスからシルキーなソウル、ジャジービードで何でもあり状態。MAWやムードIIスウィングといったNYのDJたちはもちろん、4 Heroなどとも親交が深く、あっと言う間にダンスミュージック界のVIPとなってしまったアーティスト。jocelyn brown、Brandy、G LOVEなど多くのリミックスも手がけている。そして彼のまわりには独自のファミリーのようなシーンができている。彼の後進ともいえるキーボード&パーカッション奏者=オバ・ファンケのほか、アルバムにはいつも多くのミュージシャンやヴォーカリストが出入りしている。また、自身のレーベルFIVESIXを立ち上げ、Jody WatleyやMichelle Sharrowなどのリリースも行い、PARK HYATTホテルのコンピレーションon the Seventhなども手掛ける。また、昨年のリリースラッシュでは、Slip N SlideよりJazzmentalシリーズ第一弾コンピレーションを手掛け、夏には、Sister Gurterude Morganのアルバムをプロデュース、彼独自のロックテイストで新たな側面を見せ、今流行の音の幅の広さだけでは出し得ないレベルの作品で再び話題となっている。9月にはベストアルバム/リミックスアルバムの2枚組を、Swank RecordingsからLate Night シリーズのコンピレーションなど、良質のリリースを重ねているが、いづれもあらゆるジャンルを操る彼のエクレクティックな世界でファンを魅了しているのは間違いない。