ARTISTS
< >

Andre Collins

NYブロンクスのアンダーグラウンド・クラブ "WAREHOUSE" のレジデントDJとして1997年から2002年まで毎週土曜、多くのダンサー達を踊らせつづけてきたDJ。現在は"THE DUPLEXX"、そして "THE PLAYGROUND" でレジデントDJとして活躍中。彼は常にハートフルな音楽をプレイし、厳しいゲットーで暮らす黒人やラティーノ達に生きる希望を与えつづける、素晴らしいDJだ。ゴスペルやソウルに根ざしたポジティブなメッセージ、タフなビートの楽曲を使ってがんがんに踊らせるANDREのDJプレイは、その華奢な姿からは想像できない程力強い。日本ではまだほとんど知られていないANDRE COLLINSであるが、その存在はもう亡くなってしまったLARRY LEVANやLARRY PATTERSON、TEE SCOTT、WALTER GIBBONS等の伝説のDJ達を彷佛させる。彼のこれまでの活動はとても興味深いので以下に紹介しよう。70年代後半 "THE LOFT"、"THE GALLERY"、"PARADISE GARAGE" といったクラブが全盛を極めていた頃、当時15歳になったばかりのANDREは、伝説のDJ、NICKY SIANOがプレイしていたクラブ"THE GALLERY" に忍び込む。そしてそこで本当の自分、そして生きる場所を発見する。そして自らもDJとして活動し始めることを決意する。80年代に入り、MIKE STONE&CHARLS JACKSONという名プロモーターとの出会いをきっかけに"THE TRAXX"、"THE RED ZONE"、"THE TUNNEL" といったNYで最もホットなクラブでのDJプレイを開始し、その人気を決定的なものとする。その後一時シーンから姿を消してしまうものの90年代に入り再び活動を開始。彼の友人である故DAVID COLE(C&C MUSIC FACTORY)と共に "BETTER DAYS" のレジデントDJとして復活。(DAVID COLEはサンプラーのプログラミングを担当。)他にもゲストDJとして"VINYL"のオープニング・パーティーにおいて、KIM LIGHTFOOT、KENNY CARPE-NTERと共にプレイ、また "SOUND FACTORY BAR" においても定期的にDANNY KRIVITやDAVID DEPINO、FRED PIERCEと共にプレイした経験を持つ。ここ数年では "THE SHELTER" でゲストDJとしてプレイ。こうしたゲストDJとしての活動も然ることながら、1997年以降は毎週土曜、"WAREHOUSE" のレジデントDJとして活躍。現在は "THE DUPLEXX"、"THE PLAYGROUND" にてレジデントDJとして活躍中。あのDANNY KRIVITすら一目置く存在であるDJ、ANDRE COLLINS。彼のベストプレイを一度でも聞いたことがあれば、どれだけ凄いDJか分かって頂けると思う。