ARTISTS
< >

JPLS

M_nus

07年ディープミニマル系アルバムのNo.1候補と評された"Twilite"。M_nusが再び実験的な領域に踏み込む。かつてRichie Hawtinにより生み出された実験的なサウンドトラック、Closer より以前のPlastikmanの作品に圧倒され、影響を受けた人達は少なくないだろう... そう、JPLSもその中の一人である。彼もその領域に踏み込み数々のトラックを制作し始めた、そして05年"Clever Music"から"Quad EP"リリース。Jay Haze、Tomas Jirku等が参加した"Redevice"のcompilation album"Greed Treatment Program Vol.1"に"Exp 02"を提供、06年にはM_NUS compilation album"min2MAX"にも参加し、同年5月にデトロイトで行われた"min2MAX"のshowcaseにM_nusアーティストとして姿を現した。その後M_nusから"Program"、続いて1stAlbum"Twilite"をリリース。"Twilite"は発売後、時を経たずして2007年のディープミニマル系アルバムのNo.1候補と評された。誰かが言った。「彼のサウンドは並外れた音圧、一発のキックとパーカッションの刻みに時間と意識の外に放りだされるような感覚を生み出し、かつてのRichie Hawtin/Plastikmanを彷彿させるほど素晴らしいミニマルテクノ・トラックスを構築している!」