ARTISTS
< >

Robert Owens

1980年代中頃、Robert Owensは当時発展しつつあったシカゴのハウス・シーンでDJを開始。数々のアンダーグラウンド・クラブ・ヒットのヴォーカリストとしても名高く、その歌詞とエモーショナルな歌声でハウスミュージックに命と魂を吹き込んできた。弱冠20歳の若さで、Larry Heardと共にFingers Inc.として(Jack Trax)と契約を交わし、今日でもダンス・クラシックスとして愛され続ける名曲の数々、「Mystery of Love」、「Can You Feel It?」、ロバートの教会で磨き上げられた美しい歌声と心に響く歌詞が際立つ「The Path」などをリリース。その後、ルーツはクラブにあるという信念を貫いた活動を続け、世界中で引っ張りだこの人気DJとしてだけでなく、Satoshi TomiieとFrankie Knucklesの代表作「Tears」や、ビルボード・ダンス・ミュージック・チャート1位を獲得した「I'll Be Your Friend」、彼を一躍メインストリームへと押し上げた「Ordinary People」等、数々のダンスフロア・クラシックスのヴォーカリスト、ソングライティングを手掛けるソロ・アーティストとしても活躍。1998年にはMr Cとコラボレーションした「A Thing Called Love」をリリース、翌年にはLayo & Bushwackaの「Lowlife」にも参加。2001年、Photekとの共作「Mine to Give」が各音楽誌で軒並みトップに輝いた他、Victor SimonelliやBlock 16、London Electricity等とハウス・ミュージックのジャンルを超えたコラボレーションも展開。ダンス・ミュージック史上最も敬愛されるメール・ヴォーカルは、現在もその歌声で私たちを魅了してやまない。