ARTISTS
< >

Foog

東京都江東区ゼロメートル地帯出身の"謎の音楽家/DJ FOOG。 シカゴ・ハウス、ブラック・テクノ、スピリチュアル・ジャズ、ジャーマン・プログレッシヴ・ロック等、"ブラックなルーツミュージックへの飽くなき探求精神を、革新的なダンスミュージック体験へと昇華させる、驚異の音楽家/DJ。Jerome Sidenhamをはじめ国内外のDJ/アーティストが絶賛したデビュー作「4040」は、Carl Craigのチャートでもベスト10に選出される等、世界的な注アンダーグラウンド・ヒットを記録する。「4040」を含む'07年のデビューアルバム『One』リリース後は、自身の活動のおいてプロダクションと50/50の重要度を持つDJとしての活動も精力的に展開。"闇夜のパーティーフリーク"としての活動も本格化。これらのDJ活動と並行して制作された'08年の2ndアルバム『dots and spaces』は、"リスニングとダンスフロア" "初期衝動性とコンセプチュアル""静と動""ミクロとマクロ”等、相反する構成要素がメビウスの輪の様に結びつき、ダンスフロア強度と奥深い学術性が同居する傑作として国内外で高い評価を集める。又、この2ndアルバムからのアナログ12inchリリースは、Kuniyuki、KZA等をワールドワイドに送り出す等、世界の音楽シーンに大きな影響と刺激を与え続けるレーベル<Mule Electronic>が展開する事に。先日MuleElectronicよりリリースされた、Anthony Collins Remixを収録した12inch「Nino/Manya」は、Larry Heardをはじめ、多くのDJに支持された。そして今年2010年には、この<Mule Electronic>から待望の3rdアルバムのリリースが予定されている。