ARTISTS
< >

DJ Schwa

Tribal Vision/Beef records/CZ

Michal Ruzicka、別名DJ Schwaは、ミュージシャンでありプラハのレコーディングスタジオのオーナーでもあった彼の父からの影響を受け音楽に携わることになった。14歳のときにRadio1を通してダンスミュージックが彼の音楽への道へのきっかけとなる。この時期に初めてカセットからトラック(特にテクノ音楽)のミックスに挑戦し、ターンテーブルへ進み、2000年、大勢のオーディエンスの前でPlAY.2年後、Schwaは、Tribal Visionに参加し、大きな存在となった。2002年MichalはプラハのCross Clubで週一のresident's nightsをスタートし、2003年以来ずっとプラハのORMスタジオで音響技師として携わり2004年には、DJ Slater とともにチェコで初のprogressiveレーベルに取り組み、年末には「Tribal Vision レコード」が誕生。それ以来Tribal visionは、世界的にプログレッシブシーンをゆっくりとリードしてきた。2005年末には、Tribal Vision レコードのelectro/sublabelというアイデアを現実のものとし、このようにして「BEEF レコード」がスタート。Schwaのセットは1つのスタイルに重視しているわけではなく、electro とbreaksの要素を盛り込んだdeeper techhouseからminimal な音までを組みあわせる。彼のユニークなミックスとトラックのセレクションは日本、ドイツ、チェコ共和国、ハンガリー、フランス、オーストリア、ニューカレドニア、ニュージーランド、スロバキア、オーストラリアで特に大勢のファンをもたらした。彼は「Open Air field」(チェコ共和国)、「Parihaka」(ニュージーランド)、「No Mans Land Festival」(ハンガリー)、「Rainbow Serpent」と「Earthcore Carnival」(オーストラリア)、その他世界各国にてPLAY.Michalは、「Shades of Gray」というシドニーを拠点としたelectricプロジェクトの一員でもある。彼らの最初のEPは注目を浴び、Hernan Cattaneo(ルネッサンス)、D-Nox(スプラウト)、Nick and John Dalagelis(オーディオテラピー)、Pena(フロー)、Steven-M(TWO-B)、Guy J(Electribe/Mutekki)、Stephan Hinz(Kling Klong)、その他多くのDJやプロデューサーに支持された。Schwa はMinilogue, D-nox, Propelerheads, Alex Smoke, Orbital, Chemicalbrothers, Steve Angello, Deepchild, Kasey Taylor, Future Sounds of London,System 7, その他多くのDJやプロジェクトをサポートした。