ARTISTS
< >

DBX

DanielBellによる伝説のユニット、DBX名義でのライヴが遂にCABARET に登場。2年間のライブツアーの最後を飾る。
現代のミニマルハウス/テクノというタームを語る上で、決して避けて通ることができない唯一無二のイノヴェーター/グルーヴマスター、 DanielBell。 デトロイト出身のDaniel Bellは90年代初期にRichie HawtinとのプロジェクトCybersonikでシーンに登場。1992年に自身のレーベルACCELERATEを立ち上げて以降は「DBX」名義で の極端なまでにストリップ・ダウンした最小限の音と構成でグルーヴを生み出すという独自のスタイルを確立する。それはデトロイト・テクノを漂白し、その上 でファンクとグルーヴのみを減算・抽出してみせる真にイノヴェイティブな「発明」だった。この発明の下に生み出されたクラシックこそDBXによる [Losing Control](1994)であり、UKのPEACEFROGからもライセンス・リリースされたこの作品は当時のヨーロッパでも一気に波及し絶大な影響 を与えた。このイノヴェイティブであり続ける姿勢こそが、Ricardo VillalobosやCassy、Sammy Dee、Zipといった面々がDanielに対する賛辞とリスペクトを送り続けてやまない理由でもある。 90年代中期から後期にかけては自身の7TH CITY / ACCELERATEと並行しTheo ParrishとのELEVATE、Rick WadeとのHARMONY PARKといったレーベルの設立・運営に関わりながらPLAYHOUSE / PERLONなどヨーロッパのレーベル群とも密接な繋がりを深めて行く。2000年に入って以降はベルリンにも活動の拠点を置き、現在もドイツを中心に ヨーロッパ中のクラブで精力的なDJワークを繰り広げている。モダンなミニマルハウス/テクノを使いながらあくまでハウス・マナーでしなやかにミックス し、一定量のグルーヴを決して途切れさせないそのDJスタイルは「グルーヴ」の何たるかを考え抜き知り尽くしたDanielならでは。2008年の TaicoClubでの衝撃的なDBXライヴと早朝からラストまで怒濤のグルーヴで走り抜けたDJも記憶に新しい。また、2009年には日本を代表するア ンダーグラウンドレイヴLabyrinthにブッキングされた事からも、ここ日本でも彼のDJへの確固たる評価が与えられている事を証明している。現在で はRicardo Villalobosが提唱する不定形即興ライブ・プロジェクトNarod NikiにおいてMaurizio、Mark Ernestus、Zip、Cabanne、Carl Craigら錚々たるメンバーと共に参加している。一方、自身のレーベル7TH CITY、ELEVATEも待望の再始動を果たし、新世代ハウス代表BAAZのEPをリリース、これまで以上に精力的な活動に大きな期待と注目が集まって いる。

 

www.daniel-bell.com