ARTISTS
< >

DJ YAMA

 DJ YAMAのキャリアは、90年代初頭、都内クラブ、ウェアーハウスなどでのワンオフ・パーティーからスタートする。東京で独自のサウンドを探していた彼は、93年にオープンしたクラブ「MANIAC LOVE」のプロデュースに参加、毎週土曜にはDJ WADA (CO-FUSION)らと共にデトロイト・スタイルをベースにしたパーティー「Sublime」をスタート。これはテクノ・ミュージックをメインにレギュラー化した日本で初めてのパーティーであり、またアフターアワーズというスタイルもレギュラーで定着させた。
 その後パーティーは「CYCLE」と改名して継続され、2005年12月にMANIAC LOVEがクロースするまでの間、実に12年以上に渡って毎週土曜に行われ、東京テクノの代名詞的存在として国内外で認知された。(MANIAC LOVEは2000年にイギリスの音楽誌「MUZIK」で、世界のトップ・クラブ・ベスト10の中に選ばれている。)
 そして同時期にKEN ISHIIとの出会いにより「Sublime Records/Reel Musiq」を設立、レーベル・オーナー/A&Rとしても活躍するかたわら、KEN ISHIIと不定期で開催しているパーティー「Reel Up」をはじめ、「Fuji Rock Festival」、「Rainbow 2000」といった国内大型フェスティバルへの出演、海外では98年にスペインのエレクトロニック・ミュージックの大型フェスティバル「Sonar」への出演をはじめ、レーベル・ツアーとしてイギリスやドイツなどもツアー、2001年にはシンガポールにあるアジア最大級クラブ「Zouk」でのプレイをきっかけに、以後マレーシア、タイ、韓国、中国など、アジア各国へ続々と進出している。
 2002年にはMANIAC LOVEのコンピレーションCD "JOURNEY INTO THE SOUND" に自身でプロデュースした初の楽曲 "CYCLED UP" を提供、03年には "V.A/スペースインベーダー大作戦"(東芝EMI)、"V.A /SHEENA & THE ROKKETS〜ELECTOROKKETS"(VICTOR/SPEEDSTAR)にも参加。
 2006年はじめにはKEN ISHII、DJ AKi らと共にブラジル・ツアーを敢行。INTER FMでのパーソナリティ(毎週日23:00〜)など活動の幅を広げ、多忙な日々を送る。

http://www.sublimerecords.net
http://www.myspace.com/sublimerecords