ARTISTS
< >

AKR

liminal

1999年NYを舞台に、今は亡き伝説のクラブTWILOにてKEN ISHIIをレジデントとしたFAR EASTTECHのサポートとして若干20歳でデビュー。TWILOでのプレイがTUNNEL、limelightのオーナーの耳に留まり、毎週limelightで行われていたTECHNONIGHTのレジデントDJに抜擢され、Jeff Mills、GreenVelvetなどと共演する。2002年帰国後はAKRプロジェクトとしてWOMBが主催するTOP TECHNO PARTYにてDerrick May、Kevin Saunderson、Adam Beyerなどと共演しシーンの拡大に貢献。近年、ヨーロッパのスタンダードになりつつあるminimal、click HOUSE & TECHNOのPARTYにてRichie Hawtin、Ricardo Villarobosなどシーンのトップアーティストと共演している。現在自身とJohn ConnellとがオーガナイズするWOMBのパーティliminalにて音楽性、セレクションセンス、卓越したミキシングセンスを披露。瞬時に合ったセレクト、自身が持つ日本人離れしたグルーブ感覚、SeratoScratch Live、Cycloopを使用してのライブ感でクラウドを魅了する。