ARTISTS
< >

Desyn Masiello

a.k.a SOS / Alternative Route, Sex On Wax

1973年ロンドン生まれ。16歳からダンスミュージックに興味を抱いた彼は、初期バレアリック・ハウス、ハードコア & 初期ドラムンベース、Sven V?thが設立したEye Q Records等に代表される初期トランス・サウンド、はたまたソウルフルなUSガラージュやプログレッシヴ・ハウスのルーツとも言えるレフトフィールドやアンダーワールドなど当時UKを席巻したアシッドハウス / レイヴムーブメントに多大な影響を受けた。90年にターンテーブルを購入し、中古レコードを漁る日々を過ごしていたなか、デビューのきっかけは1枚のミックスCDから。あるウェブサイトで彼のミックスCDが話題となり、自ら希望者100人に送付した結果、多くのプロモーターやDJの手に渡り、それが縁となって2000年にフィンランドのヘルシンキやタンパラでのパーティーに招聘される。02年にはDeep Dishに見出され、アメリカで多くのパーティーでプレイ。彼らが主宰するYoshitoshiレーベルから「Yoshitoshi 3 In House We Trust」をリリースし、ワールドツアーを敢行。CreamやGatecrasher、Renaissanceといったビッグパーティーからも頻繁に招聘されることとなった。また、オランダの有名DJ、Sander KleinenbergのパートナーとしてイビサのEVERYBODYやSanderとSashaが主催したThe Hagueといったパーティーにも参加している。 04年には、このライジングスターの大活躍を自身のラジオショウ"transition"にて「彼は眠ることを知らない」と評したJohn Digweedからのリクエストにより、彼のUSツアー「End of Summer Tour」に参加している。DigweedのBedrockレーベルからは、そのシーズンの新機軸として打ち出された「Original Series」の第1弾となる「OS_0.1」をリリース。2005年には、M8マガジンにて年間ベスト1に選ばれ彼の人気を決定づけ世界的なヒットとなったミックスCD「Balance 008 - Desyn Masiello」をリリースし、これ以降DJ Magazineが主催するDJランキング、TOP 100 POLLの常連として名実共にトップDJの仲間入りを果たすこととなった。音楽制作においては、自身のレーベルAlternative Routeから、プログレッシヴハウスの名盤として知られるChable & Bonnici「Ride」をはじめ、16 Bit Lolita's、John Creamer & Stephane K、DJ Vibeといったビックネームから、今日大活躍を見せているGuy Gerber、Shlomi Aber、Chris Lakeの初期作品をリリースしている。また、Omid 16Bと共に設立したSex On WAXからは、自身のユニットThe IdiotsやDanny Howells等の作品を精力的にリリースした中で、Mashtronic 「Supernova (Demi vs. 16 Bit Lolita's Mix)」は大きな成功を収めたトラックの一つだ。近年は、盟友であるOmid、DemiとのDJユニット、SOS (Sex On Substance)として08年には「Balance 013 - SOS」、今年はMinistry of SoundからのミックスCD「The Club - SOS」をリリースしながら多忙なDJスケジュールをこなしつつ、現在、 Rowan BladesとのニューレーベルSoulglowのスタートを控えている。