ARTISTS
< >

SHITDISCO

JOEL STONE (Vo/B/SYNTH GUITAR), JOE REEVES (Vo/B/G), JAN LEE (Vo/B/ Key/BACKING), DARREN CULLEN (WEAPONS)

今、最も旬な「ニュー・レイヴ・ブーム」の最後の切り札!スコットランドのグラスゴー出身の4ピース・バンド"SHITDISCO"。多くのバンドは自分たちは真のパーティーの仕方を知っていると思いたがる。しかしShitdiscoのパーティーのようなものは他にはない。4人のポストアートなスクールボーイたちはTalking Heads、The Prodigy、Girls Aroud、Donna Summerなどを聴いて育ち、2003年にベースのJoe ReevesとJoel Stone、サードベースでキーボードも使いこなすJan LeeとドラマーのDarren Cullenが集まりShitdiscoが結成された。Glasgowの、今のように開発される前のWest Endの使われていない住宅街の一角で、彼ら特有のパーティー流儀で、 それまでのパーティーの定義を覆す大々的で型破りな誰でも自由に参加出来るFree-For-Allパーティーを開催した。彼らがトラディショナルなギグをする時、アフターパーティーなしという事はとても珍しかった。KlaxsonとThe Raptureとのリビングルームでのアフターやツアーバスでのポロゲームなど伝説として語り継がれることになる。初のシングルと奇人オーラ炸裂のディスコパンクマニフェスト "Disco Blood"はおぼろげでジョイフルなコーラス、"got that disco feeling on my mind, got it in my blood"はわりとシンプルのようだが、実際はAIDSの苦しみを言及している。その他、ロシアの原子炉所有の政党のコンセプトからインスパイアされたトラック"Reactor Party"というトラック等、このように注意してみて見ると、彼らのひっきりなしのパーティーは実際は彼ら自身の政治的声明なのである。Shitdiscoの強力な作品はgabba-punkの非難の固まりで、3D Sex Showはファルセットのコーラスが病的なベースラインとぶつかって、ポップミュージックとダークリズムの独特なクラッシュを映し出し、ヨーロッパのセックスインダストリーをまじまじと見つめる事となった。Michel Houllebwcqの性文学はJoelに大きな影響を与えている。「自分たちのサウンドを異なった方向に引き込む何かがある。TV On The Radioのわざとらしい精密さだってありだし、狂ったパンクの側面を持ち合わせながらポップなアプローチもある。Shitdiscoはそれがどのように音が出来上がるかの一番の説明書であるが、"Kingdom Of Fear"は"Shit disco"というより"pop disco"という印象を与えるだろう」とJoeは言う。これからについてはJoeはhi NRG80 spoppers The Flirtsのようなガールズグループを始めようとしている。Shitdiscoという次世代レイバーを感じさせるツイストのあるディスコパンクの天才達は、今まで類を見ないなポップ界の起爆剤となる事は間違いない。