ARTISTS
< >

D'Julz

Bass Culture / Ovum

D’JULZのキャリアは1992年からスタート。彼はDJのキャリアを始めてすぐに自分のスタイルを見つけ、その彼のユニークなスタイルで瞬く間にフランス人のDJとして有名になる。彼の音はエレクトロハウスとディープテクノの中間にあり、それはアシッドとファンクの影響が強いものである。ジュールズのDJセットは完璧なミックススキルと折衷主義でそれはトップDJを意味する事だ。2000年からは音楽プロデュースのキャリアもスタートする。OVUM, POKERFLAT, 20/20VISION, MUSIC FOR FREAKSなど有名なレーベルに音楽をリリースしそのリリースした音楽とミックスCDを世界中で発売した。沢山の有名音楽誌から高く評価され特集される。2002年 トラックス雑誌の読者が選ぶベストDJで彼は7位にランクインする。また自らがオーナーを務めるレーベル「Bass Culture」からはCassyやDJ Roland、Mr.Gといったトップアーティストから若手のアーティストのリリースやコラボレーションなどでヒットトラックを飛ばし、重要なレーベルの1つとしてシーンの中心に位置している。