ARTISTS
< >

Nino

UNDERGRAM

UNDERGRAMのA&R兼レジデント。10代の頃、グラインドコアやファストコアといったパンク・カルチャーにのめり込んでいた彼は、たまたま訪れたロンドンで体験したスクワット・パーティーに衝撃を受けるや否や、ダンスミュージック・カルチャーへと足を踏み入れることとなる。アナログの良さを十二分に理解した上での、"Ableton Live"を駆使したデジタル・マルチトラックDJセットは、ラフでドープな一癖二癖あるインディーサウンドを変幻自在に操り、自作のサウンドループやノイズ、FXなどを随所にちりばめ、全くオリジナルなサウンド&グルーヴを創り出していく。DJでありながらLIVEの様な緊張感と即興性を兼ね備えた唯一無二のセットを披露することをテーマに、彼の音楽探求は終わることを知らない。

For UNDERGRAM that blazed onto Tokyo club scene in 2007, anotherresident DJ is Nino. He's also an A&R and everyone says he's the maniacin music who absorbs all the current music everyday. His music focus onimprovisatory minimal with fatty kick and baseline and puts lots ofloops. All the essence from tribal music to deep house, acid techno andfunky Latin music can be mixed on the set by nino. Even Triple R, thebig boss of Traum Schallplatten in Cologne Germany, which wins the trustfrom all over the world, gave nino rave review.