ARTISTS
< >

Timo Maas

Perfecto/Hope Recordings

ドイツのプログレッシブ、テクノシーンを代表するDJ/プロデューサー。13歳という若さでDJとしての活動をスタート、やがて当時ドイツでもっとも大きなクラブであったハンブルグのTunnellで盟友Gary Dと共にレジデントを務めるなど、急速にシーンの中で頭角を現わすようになっていく。90年代も終わりに差し掛かる頃、その才能に目をつけたPaul Oakenfoldの招きによってPerfecto Recordsと契約。2000年リリースしたアンセムUbikが全世界のダンスフロアーを席巻し、その評価と名声を決定的なものにする。それ以降、数え切れないほど寄せられたリミックスのオファーをこなし、世界各地をDJとして飛び回る多忙な日々を送りながらも、2002年には同じくPerfectoよりオリジナルアルバムLoudをリリース。