ARTISTS
< >

DJ VICE

DJ VICE は現在7カ所でレジデンスを勤める超多忙DJである。Las Vegasの有名大箱LAXやPure、NYのMarquee等でのレジデンス、LAのメジャー・ラジオ局であるPower 106 FM、そしてNYのラジオ局WKTU-FM で番組を持っている。 世界中から最も求められているDJの一人として彼は、米国国内で忙しいときには1週間で5回もプレイする週があるほどである。

彼が27歳になったとき、すでにDJ歴は14年になっていた。生まれて初めてレコードを買った時の興奮とハングリーさ、音楽を愛してやまない気持ちはいくつになっても変わらなかった。「俺がDJを始めたのは、中学2年のころさ。」彼のDJスタイルは、Kanye Westから AC/DCまでに及ぶ。「皆がスポーツやパーティやらで夢中になっている頃、俺は、すでにDJとして稼いでいたんだ。」彼は、学校のランチタイム中に自分のミックステープを$10で既に売っていた。

成功し有名になった今、彼はプレイしたい場所を自分で選択できる。その中でLas Vegasは、リストのトップに入る。「Vegasは特別さ。クラブに来る人の好みやニーズが幅広いからスキルのあるDJだけがここでプレイできるという意味でね。他では得られないエネルギーを人からもらえる。世界中、プレイしているけれど、こんな所は他にはないね。」VICEは、現在のところ毎週金曜、日曜にHard Rock's Body Englishで、毎週土曜にVegasのLAXでプレイしている。この他、木曜にはLAのLobbyで、火曜にはVegasのPureで頻繁にプレイをしている。

「DJが新しいロックスターという位置づけであるこの時代を楽しんでいるよ。」とDJ VICEは言う。「今は、DJ自体が一つの楽器と考えられている。そうリスペクトされているのはとても光栄だね。」Paris Hilton までのセレブがDJブースに入り込んでパーティをする時代である。ほとんどの都市でターンテーブルがギターと同じように売られていることにDJ VICEは誇りに思っているようだ。

「素晴らしいクラブでプレイすると、そこにいるだけでゾクゾクするんだ。俺のタイムテーブルが終わっても、そこにクラウドがいて楽しんでいれば、いつまでもプレイし続けるよ。」