ARTISTS
< >

SURGEON

1995年に今では名盤となった"Surgeon EP"で、テクノシーンに衝撃的にデビュー。DOWNWORDSからの初期作品は、当時のテクノ通達を興奮させ、デイブ・クラークのリミックス、ジェフ・ミルズの"Live At the Liquid Rooms CD"での起用を通して、彼の名は更に知られる所となった。その後、DOWNWORDSから出された"Pet 2000EP"、そしてレーベルの仲間であるREGISらとのリリースが、バーミンガムの存在をテクノ界の中で不動なものにしていった。そしてトレゾアからの最初のアルバムリリースである"Basictonalvocabulary"で頭角を現す。後に自身のレーベル"Dynamic Tension"と"Counterbalance"を設立。当時のサージョンが魅了されていた実験と様々なインダストリアルミュージックとミュージック・コンクリートの影響は、リリースの度にはっきりしたものになっていく。近年のサージョンのセットは最新のハードウェアーとソフトウェアーを駆使したDJテクノロジーで、DJセットとライブパフォーマンスを融合させていることが特徴である。