ARTISTS
< >

Camea

CLINK/KLICKHAUS

シアトルで生まれ育ち、ニューヨーク、ブルックリンでキャリアを積んだ彼女のダークで洗練されたテクノ/マイクロ・ハウスはヨーロッパをはじめアジア、アメリカなど世界中を虜にしている。クラシック・ピアノとクラリネットの演奏者から、ダークな側面と人を踊らせる要素を兼ねそろえたグルーヴィーなミニマル・ハウスとテクノをファンキーかつセクシーにブレンドするDJへと転身し、プロデューサーとしても頭角を現した彼女の楽曲はRichie Hawtin、Magda、Loco Dice、Pan-Potなど多くの世界のトップ・アーティストのチャートにランク・インし、プレイされている。

彼女はTim Xavier、Tony Rohr、Afternoon Coffee Boys、Elon、Insideout、Alexi Delano等のアーティストが所属するClink Recordingsのオーナーでもあり、このレーベルはアメリカのテクノ・シーンをリードして大きな成功を収めた。レーベルの成功と共にDJとして世界中をツアーする中で、彼女はアンダーグラウンド・クラブから数千ものクラウドまでをもロックすることができる、テクノとハウスが一体となったコンビネーションのパフォーマンスが大きく認められた。彼女はアップリフティングでドライヴィングなセットからミニマルでダークなアフターアワーズ・セッションまで自在に操り、多くのステージでMagda、Matt Dear、Guido Schneider、Marco Carolaなどのトップ・アーティスト達と並びヘッド・ライナーを務めている。

現在彼女は、Clinkの他のアーティストたちと密に仕事ができるベルリンに移住し、その中央に位置するクロイツベルグにスタジオとオフィスを構えている。自身のClink以外にもMinus、Stylerockets、Einmaleins、Ransom Note、Sunset Diskosなどの有名レーベルでリミックス・ワークを手掛けるなど、精力的な活動とエレクトロニック・ミュージックへの情熱によって、彼女はシアトルのアンダーグラウンド・シーンから世界を舞台に活躍するまで成長した。そして今、テクノ・シーンをリードするトップ女性アーティストの一人として、大きな脚光を浴びている。