ARTISTS
< >

STEPH POCKETS

フィラデルフィア出身のラッパー兼プロデューサー、ステフ・ポケッツ。9歳にして家族や友だちに初めてラップを披露した彼女は、やがて曲作りを始め、プログラミングの手法も身につける。その当時たまたまウィル・スミスが近所に暮らしており、彼女の音楽的な成長に重要な影響を与えた (ウィル・スミスは、ステフが5年生だった年のキャリア・デイに彼女の学校に招かれ、ほかの父兄たちと同じように自身の職業について説明している)。テキサス州はオースティンのSXSW (サウス・バイ・サウスウエスト)、マサチューセッツ州はボストンのNEMO (ノース・イースト・ミュージック・オーガナイゼイション)、ペンシルバニア州はフィラデルフィアのPMC (フィラデルフィア・ミュージック・カンファレンス)、バージニア州はリッチモンドのルート・ワン・ミュージック・カンファレンス、といった様々なフェスティバルに参加し、そのパフォーマンスを披露してきた。また2001年には「Bum Bum Bum」の作曲とプロデュースを担当、これは高い評価を得た映画『O (オー)』(ジュリア・スタイルズ、ジョシュ・ハートネットらが出演)に使用されている。
2004年に『MY CREW DEEP』、翌2005年には『FLOWERS』をリリース。この2枚のアルバムは、タワー・レコードやHMVなどの外資系ウィークリー・チャートの上位にランク・イン!また『FLOWERS』は日本のタワー・レコードの2005年 年間チャート"ヒップ・ホップ"部門において5位をマークした!『MY CREW DEEP』と『FLOWERS』の成功によって、彼女は日本の音楽ファンから大きな注目を集め、プロデューサーとして多くの日本人アーティストと仕事をすることになった。ユニバーサル・ミュージック・ジャパンの女性アーティスト、AIもそのひとりで、ステフがプロデュースしたトラックを含む彼女のアルバムは日本で50万枚を超える売り上げを記録している。その他にも、カルカヤ・マコト、Can'no、レゲエ・アーティストのMinaoらと共演、藤原ヒロシ氏によるRemix盤もリリースしている。『MY CREW DEEP』と『FLOWERS』にはインコグニートのメンバーやピート・ロックも参加。また前作同様、今作にも盟友スピーチ (アレステッド・ディヴェロップメント)が参加している。2007年2月に3rdアルバム『Can't Give Up』、11月には初期ベストとなる『The Early Works』を発表し、全国13都市にもおよぶクラブ・ツアーも大成功におさめた。そして、2009年3月、待望のニューアルバム『FRIEND』を遂にリリースした。