ARTISTS
< >

Guillaume & the Coutu Dumonts

Circus Company/OSLO/Raum....Musik

モントリオール出身、ベルリン在住のGuillaume Contu Dumontは、音楽大学でラテンとクラシカルパーカッションとそしてエレクトロアコースティックを専攻し、そしてファンクバンドの一員として、有機的な音楽の英才教育を受けた。この時期に彼はコンテポラリージャズユニッ ト「iks」に加わり2枚のアルバムをリリースし、数ヶ月間セネガルでツアーを行った。
そして近年、その音楽性を、ハイブリッドなエレクトロニック音楽と融合させることに成功し、さらなる発展を遂げることとなる。
彼の音楽は一言でジャンルで区切ることが難しい。ファンク、ハウス、テクノ、ゴスペル、スウィング、そしてアフロビートをブレンドさせた特別なサウンドは他の何かとも似ていなく、独創的である。そして彼のライブスタイルは、ラップトップがエレクトニクスサウンドを、そして自ら電子パーカッションとキーボードを一心不乱に演奏する様を見れば、彼が唯一無二のスタイルを持つアーティストということがわかる。ここ日本でも06年Space Lab Yellow、そして08年、年末に渋谷Legatoで行われ2000人を動員したカウントダウンパーティーのメインゲストとしてその刺激的なライブを披露している。
そして同郷のスーパーヒーローであるAkufenが彼の類い稀なる才能をいち早く発掘し、Akufen主宰レーベルMusique risquéからのファーストアルバムFACE À L'ESTのリリースが口火を切り、09年現在、Mutek_rec、Hartchef Discos、 Floppy Funk、OSLO、Raum Musik、Circus Company、Karatとシーンにおける前衛的なエレクトロニックミュージックを担うレーベルから続々と楽曲がリリースされている。そして今年2012年満を持してCircus Companyからアルバム「Twice Around The Sun」を発表。