ARTISTS
< >

CALVIN HARRIS

スコットランド出身 25歳。MySpace発、自分のページに自分で手がけた楽曲やリミックスをアップ。それが瞬く間に口コミで広まり、全く無名にも関わらずあのカイリー・ミノーグの楽曲をプロデュースして一気に注目を浴びる。

自身のメジャー・デビュー・シングル『Acceptable In The 80‘s』はUKシングル・チャートでいきなり10位を記録し、その後15週連続チャート・イン。勝負曲となるセカンド・シングル『The Girls』は初登場TOP5入りし、そのエレクトロでポップで“踊れる”楽曲であっという間に世界中をトリコにしてしまう。

2008年にディジー・ラスカルとの共演トラック「Dance Wiv Me」はU.Kチャート1位を見事記録したほか、iPod nanoのCMで登場し一気にそのビジュアルがお茶の間まで浸透。その後、ザ・ティン・ティンズやケイティ・ペリー、プライマル・スクリーム、カニエ・ウエストのREMIXを行うほか、全世界からリミックス/プロデュースのオファーが殺到する。

万を持して2009年春にリリースした復帰シングル「I‘m Not Alone」はU.Kシングル・チャートを2週連続1位を獲得(!!)、すでにYouTubeでPVが600万回以上視聴されるほか、MySpaceでも 130万回以上試聴されるなど全世界で話題沸騰中!またニュー・アルバムに収録される「Yeah、Yeah、Yeah、La、La、La」を起用したコカ・コーラのCMが全世界でスタートしたり、シャキーラの新曲のREMIXまで手がけるなどノリにノッているカルヴィン・ハリス。

MySpaceから発信された無名のベッド・ルーム・アーティストが、待望のセカンド・アルバム『Ready For The Weekend(レディー・フォー・ザ・ウィークエンド)を引っさげて、全世界を踊らすスーパー・スターになって帰ってきた!