ARTISTS
< >

Pinch

Tectonic

ダブ、トリップホップ、そしてBasic Channel等のディープなミニマル・テクノに触発され、オーガニックなサウンドを指向し、'03年頃からミニマル・テクノにグライム、ガラージ、エレクトロ等のミックスを始める。ロンドンのFWD>>でダブステップに開眼し、'04年から地元ブリストルでContext、後に Subloaded等のダブステップ・ナイトを開催する。'05年には自己のレーベル、Tectonicを設立、Moving Ninja、Loefah、Skream、Distance、Digital Mystikz、Random Trio等のリリースを重ね、'06年にコンピレーション『TECTONIC PLATES』を発表、ダブステップの世界的注目の一翼をにない、映画「トゥモロー・ワールド」(原題: Children of Men)に自作曲"War Dub"が挿入される。また'06年にはサブレーベル、Earwaxを設立、自身はエレクトロニカの名門レーベル、Planet Muから"Qawwali"、"Puniser"を発表、脚光を浴びる。そして'07年11月には1st.アルバム『UNDERWATER DANCEHALL』をTectonicから発表、ヴォーカル・チェーンを含むヴァラエティに富んだ内容でBBC Radio One、Vice、Mixmag等のメディアから絶賛を浴びる。'08~09年には"Chamber Dub" (Soul Jazz)、"Midnight Oil" (Tectonic)、"Attack Of The Giant Killer Robot Spiders!"(Planet Mu)、Mr E名義の"Space Invader" (Dancing Demons)等、活発なリリースを展開、またFlying Lotus、Skream、Benga、2562、Martynらをフィーチャーしたアルバム『TECTONIC PLATES VOLUME2』を発表する。ミニマル/テクノ、アンビエント・シーンからも注目を集めている。