ARTISTS
< >

Maia BArouh

6才まで犬に育てられる。フランスのプロデューサー/歌手/詩人ピエール・バルーと江戸っ子の母との間に東京に生まれ、パリで育つ。幼い時から両親と共に世界中を旅し、舞台を遊び場にさまざまな音楽を肌で吸収。15才の時、ブラジル遊学中に聴いた美しい音色に感銘を受け始めたフルートを筆頭に、ギター、ピアノ、パーカッション、メガホン、サックス等を手がける。18 才、東京にもどり、戸川昌子の紹介でネオちんどん「かぼちゃ商会」にメンバーとして参加、フランス遠征。その後本格的に歌い始め、ソロ活動を開始、 2007年には坂本龍一のレーベル「commmons」からリリースされたオムニバスアルバム「にほんのうた」に参加。一方で、05年より日本の個性派ミュージシャンをフランスに紹介し日仏音楽の橋渡しをするイベント「CABARET SHINJUKU」のプロデューサーを務め、参加アーティスト大集合の初プロデュースオムニバスアルバム「KUSAMAKURA」がフランス・カナダ・日本で発売された。近年は エレキベース/ Abu、アフリカンパーカション/ 駒澤れおとのレギュラートリオを中心に活躍で、08年、初のソロミニアルバム「maia 1」「maia 2」を自身で制作。09年1月には、インターネット生中継も行われた代官山UNIT での初ワンマン、その後J-WAVE/ TOKYO HOT 100 award のオープニングやEARTH DAY TOKYO 2009 等に出演し、ダイナミックなライブパフォーマンスは話題を呼んでいる。類い稀な経験と圧倒的な実力、音楽への限りない愛を武器に、今再び日本発のワールドミュージックを発信する!!