ARTISTS
< >

SOFFet

YoYo(作詞・作曲・サウンドプロデュース)とGooF(作詞)の2MCからなる男性スウィング・ラップ・ユニット。小学校6年からの友達である2人は、95年15才の時にSOFFetを結成、独学で作曲を始め、99年、YoYoは渡米し、アメリカのバークリー音楽院にて修学。YoYoが帰国後、02年7月にミニ・アルバム「ソッフェのぽかぽかミュージック」をVIBLE RECORDからリリース。好調なセールスを記録し話題盤となり、03年3月、メジャー・デビュー・シングル「君がいるなら☆」を発売。同年8月にリリースの1stアルバム「Carnival」はオリコン・アルバム・ランキングで初登場15位をマーク。04年8月リリースの2ndアルバム「SWINGIN’BROTHERS」では、ジャズ・クラシック・ロックと様々なジャンルを取り入れ、歌とラップを自由に行き来するオリジナリティー溢れるクオリティーの高い音楽性を示した。 05年8月にはSOFFet初のコラボレート・シングル「GOOD MORNIN' GOOD ROLLIN'」を佐藤竹善&SOFFet with "No Name Horses "Directed by Makoto Ozoneとしてリリース。SOFFet、佐藤竹善、小曽根真によるPOPS+HIP HOP+BIG BAND JAZZというノンジャンル・ノンカテゴリーのコラボレートを実現した。

その音楽にはアーティストからの評価も高く、04年の平井堅アルバム「SENTIMENTALovers」収録の「言わない関係」にコーラスでゲスト参加。後にその平井堅氏からの紹介でフジテレビ系「笑っていいとも!」のテレホンショッキングにゲスト出演した。さらには05年11月の CHEMISTRYアルバム「fo(u)r」収録曲「believin'」の作詞を担当、06年7月のSMAPアルバム「Pop Up! SMAP」では作詞・作曲「星空の下で」を楽曲提供。

06年8月にrhythm zone移籍第1弾シングル「everlasting one」をリリース。共同Sound ProduceにFantastic Plastic Machineを迎え話題となったこの楽曲は全国FM局で好反応を呼び、週間OAチャート第1位を記録した。11月には珠玉のミディアム・バラード「Life」をリリース。この楽曲への高評価から、テレビ朝日系「MUSIC STATION」や2度目となるフジテレビ系「笑っていいとも!」テレフォンショッキングゲストをはじめ数々のTV番組に出演し、スマッシュヒットを記録。

07年1月には約2年半ぶりとなる3rdアルバム「ココロフィルムノート」をリリース。参加アーティストにスキマスイッチ, Fantastic Plastic Machine, 佐藤竹善/小曽根真/No Name Horses, GAGLEを迎え、ソッフェサウンドの最進化形とも言うべき楽曲群は傑作アルバムとして各方面からの話題も高まった。また5月末〜6月末にかけ、「エイジアエンジニア/SOFFet 〜TOUR '07〜」として全国19ヵ所にわたるエイジア エンジニアとのジョイントツアーを大盛況のうちに終了。

キングコング梶原雄太主演のドラマ風PVが話題となった7月リリースのシングル「Answer」は力強さ・メッセージ性のある歌詞と流麗なメロディでUSENの問い合わせが殺到し、リリースから約3ヶ月に渡りUSENチャートTOP20上位にランクインし続けロングセールスを記録。

11月にSOFFet史上かつてない程に直球のラヴ・バラード「Love Story」をリリースし、12月にはそれを引っさげての「生はお好き? つあっ! つあっ! ツアー!!! '07」(チケット即ソールドアウト)を大阪・東京にて開催。

ゲストにazumi (wyolica), DEPAPEPE, Full Of Harmony, GAKU-MC, 日之内エミ, KURO from HOME MADE 家族, MONGOL800, SEAMO, so-to (wyolica), Spinna B-ILL, Sunaga t experience (須永辰緒) [A→Z] という豪華アーティストを迎えたデビュー5周年記念アルバム「NEW STANDARD」を08年2月27日にリリース。ゲストアーティストの豪華さもさることながら、極上の内容を持つコラボレーション曲満載の上記アルバムは各地でさらなる高い評価を得る。その後5月2日〜7月3日にかけ、全国19ヶ所(各地SOLD OUT)「NEW STANDARD TOUR ’08」をおこない、初日の東京・恵比寿リキッドルーム公演はアルバム参加の豪華ゲスト陣が全員終結した伝説の一夜となる。

7月2日には交友の深いmihimaru GTとのサマー・コラボレーション・シングル「スキナツ / SOFFet with mihimaru GT」・「泣き夏 / mihimaru GT with SOFFet」を2作品同時リリースし、「スキナツ」はオリコン・デイリー・シングル・ランキング6位(7/1付)を記録。そして初のべスト・アルバムとなった8月20日リリースの「SOFFet BEST ALBUM〜ALL SINGLES COLLECTION〜」はオリコン・ウィークリー・アルバム・ランキング10位と初のTOP10入りを果たす。

その幅広い音楽性でのライブはDJスタイル、アコースティック、バンドスタイル、さらには自ら楽器を弾きながらラップをするというオリジナルなスタイルを持ち、07年末にはSOFFetオフィシャルバックバンド【東京Junkastic Band】を結成するなど、生のセッション感溢れるSOFFet独自のエンターテインメントを追及している。