ARTISTS
< >

TIMO

RAFT TOKYO

TIMO [Raft Tokyo]

 
バンド活動を経て来た多彩な知識と音の感性は、メロディアスかつアグレッシブなグルーブを出し、常にフロアーを沸かせている。TECHNO・HOUSEを軸に、ジャンルの垣根を越えたセレクトで作られる音のストーリーは、フロアーを包み込むような一体感を生み出す。屋内外のビックパーティーからアンダーグラウンドなパーティーまで活動の場は広く、様々なパーティーとのコラボレーションを行うなど、常にアンダーグラウンドで最先端なグルーブを出し、DJとして多数のブッキングを受ける傍ら、オーガナイザーとしても頭角を現している。最近ではMADO LOUNGEで多目的Partyの開催や、新たな音の実験場としてLAB.を立ち上げ、海外より旬なアーティストを召還するなど精力的に活動している。2011年5月よりRaft Tokyoに所属しResidents DJとして新たに活動を始める。パーティーメイクだけではなくアーティストとして楽曲の製作も行っている。今後もクリエイティビティーに溢れた活動に益々注目が高まる。

 

http://dj.beatport.com/timo

 

Sound knowledge and sensitivity has gone through a variety of band activity, and aggressive melodic groove out, we have always excited the floor. The axis of the TECHNO HOUSE, a story of sound produced by the selection beyond the boundaries of the genre, creating a sense of unity encompassing the floor. Playing field until the party underground from the big party of indoor and outdoor large, such as collaborating with various parties, issued a groove cutting edge underground always, while subject to booking many as a DJ, stand out as organizer that represent. Recently, the Party organized and versatile MADO LOUNGE, LAB as a testing ground for a new sound. Launched has been very active season such as summoning artists from abroad. Residents DJ started working as a new member of Raft Tokyo in May 2011. Has also produced songs as well as party makeup artist. Increasingly greater attention to activities in the future is full of creativity.