ARTISTS
< >

Mr.V

Masters at WorkのLouie VegaとKenny Dopeによってプロデューサー/リミキサー、そしてアーティストとしての才能を見初められ、Louie Vegaが主催するVega Recordsや、レーベルメイトのAlix Alvarezと主宰するSole Channel Records、それからKing Street Sounds, Large Recordsから次々とヒット曲をドロップ。2002年にAlix Alvarezとの共作"The Anthem"でデビューしてからの活躍には目を見張る物があり、"Somethin'"(With Jazz), "Jus'Dance","The Drum"といった自身名義の作品から、Louie Vegaとのコラボレーション"Let's Get Jazzy", Ananeとのコラボレーション"Let Me Love You"、そしてリミキサーとしてもJeannie Hopper "DeJah Voo",Roy Ayers"I Am Your Mind",Johnny Dangerous"Beat That Bitch", Studio Apartment feat.Blaze "The Rising Sun", Roland Clark presents Urban Soul"Have a Good Time"を手がけ大ブレイクする。幅広い音楽に影響を受け、マンハッタンのロウアーイーストサイドで、伝説的なクラブThe Worldでバウンサーをしていた叔母に影響され、幼い頃からNYのクラブシーンに関わり、14才になる頃にはDJも始めた。地元のハウスパーティーで腕を上げた後にクラブ2i'sでプロとしてデビューし、現在では地元NYのBang the Party, Cielo,Louie Vega & Kevin HedgeのRoots等で定期的にプレイする他、イギリスのSouthport Weekender, スコットランドのAudio Deluxe, トロントのLayers,スペインのPacha,ロンドンのMinistry of Sound等、世界中のクラブシーンをサーキットする。2007年にはデビューアルバム"Welcome Home"がアメリカはVega Records、ヨーロッパはDefectedからリリースされ、これからますます注目される次世代ハウスアーティストである。