ARTISTS
< >

Kay Suzuki

 ロンドン在住日本人音楽家。 シンガポールと日本で育ち2004年に渡英。2007年にプロデューサーとして西ロンドンのレーベルからレコードデビュー。2010年以降は主に自身のレーベル round in motionからアナログ盤を発表し続けるほか、多岐に渡るリミックス、リエディット、オリジナル作品を各レーベルからも発表し続ける。それらは、David Mancuso、Gilles Peterson、Francois Kevorkian、Theo Parrish、Hunee、Nick The Record、 Alex From Tokyo、Calm、松浦俊夫、須永辰緒などがプレイリストに挙げる。
 
 2013年には東ロンドンのダルストン地区に英国初のジャズ喫茶brilliant cornersをオープン。料理長/グラフィック・デザイナー/音響/プログラマーとして2016年まで共同運営した。2018年、ロンドンのレコードコレクターたちのコミュニティの意識を反映した再発盤レコードレーベルTime Capsuleを始動。時代の意識を反映した社会性と芸術性の高い音楽に多大な影響を受け、自身の哲学に基づく「時間芸術」を追及している。