ARTISTS
< >

MOCA

freerange tokyo / 702

 

90年代後半、ダンスミュージックと出会い99年よりDJ活動を開始。

以降、都内各クラブはもちろん、音の演出においては様々な役割を担ってきた。代表的なものは、[東京モーターショウ]や[環境省主催/エコライフ・フェア2004]、[人権擁護団体主催アムネスティチャリティライブ2004@ZEPP TOKYO]、[東京デザイナーズブロック・イースト]、[I.G FESTA@東京ビッグサイト]などがあげられる。その他、数々の音楽フェスティバルへの出演もさながら、近年では、[渚]、[響]、[BIGBEACH FESTIVAL’11]へも出演するなど、本格派女性DJと称されている。そして、2010年より、Deep house界をリードするfreerangeのofficial party[freerange tokyo]のofficial DJとしても抜擢されている。その他の制作活動としては、2006年リリース[BIOSPHERE presented by Club M’s(マニュピレーター)]、2006年リリース[星野晃代-RollerGirl-(REMIX提供)]があげられる。

活動期間10年という節目を越え、幅広く活動してきた経験を生かし、様々なエレメントが交差するグルーヴを基調とした’Wave Music’と形容するがごとく、ストーリー性あふれるようなスタイルでオーディエンスを恍惚のサウンドスケープへと導く。

 

MOCA started djing in 1999 and has played in various clubs all over Japan ever since.  She has also been hired as the music director for major events such as the Tokyo Motor Show, Eco Life Fair presented by the Ministry of the Environment, Amnesty Charity Live, Tokyo Designers Block East, and I.G Festa. In recent years MOCA has gained a high-profile playing huge festivals throughout Tokyo; Nagisa, Hibiki, and at the Big Beach Festival. Her highly acclaimed DJ skills which accompany a deep housey groove have since 2010 led her to become the official DJ of “Freerange Tokyo” represented by a top UK label. In the studio, MOCA released ‘BIOSPHERE presented by Club M’s’ in 2006 in which she selected tracks, edited, mixed and mastered the album. In the same year she also remixed a track called ‘Try’ on Akiyo Hoshino’s album ‘Roller Girl.’  In her 10 years as a DJ, MOCA has played in diverse environments and has acquired her own unique style along the way. She has the flexibility to play in different scenes and still  manages to dazzle the crowd because she always has a story with each set she plays.