ARTISTS
< >

RATN (riow arai + tujiko noriko)

■TUJIKO NORIKO / ツジコ・ノリコ
1999年にシンセサイザーとサンプラーを初めて手に入れ、音楽制作を始める。2000年、ファースト・アルバム『化粧と兵隊』をリリース。2001年、アルバム『少女都市』をオーストリアのMegoよりリリースし、ワールドワイドに注目を集める。2002年、パリに移住。アルバム『ハードにさせて』を Megoよりリリース。活動拠点をヨーロッパに移したことで、海外での知名度も上がり、逆輸入のように日本でも人気を高めていく。2003年、アルバム『From Tokyo To Naiagara From Tokyo To Naiagar』をドイツのTomlabよりリリース。2004年、Peter Rehberg(Pita)のプロジェクトであるDACMのアルバム『Stereotypie』(asphodel)に参加。

■RIOW ARAI / リョウ・アライ
1996年ファースト・アルバム『Again』(Frogman)をリリース。1998年『Circuit'72』、1999年『Mind Edit』、2001年『Beat Bracelet』と3枚のアルバムをsoup-diskよりリースし、リョウ・アライのトレードマークと言える骨太なブレイクビーツと神業の如きエディット・スタイルを確立する。2003年には、『Mind Edit』がUKのLeafよりライセンス・リリースされ、海外でも注目を集める。同年、『Mind Edit』に12インチ『Mind Syndicate』の音源を追加した『Mind Edit Syndicate』(soup-disk)をリイシュー。さらに、12インチ『iBeat E.P.』と、アルバム『Device People』(soup-disk)をリリース。04年、アルバム『Rough Machine』(Libyus)をリリース。