ARTISTS
< >

Koen Groeneveld

2008年以降、Koen Groeneveldは今日のエレクトロニック・ミュージック・シーンで最もホットなニューカマーとして注目されている。Koenが作るユニークなサウンドはテクノ、テックハウス、そしてミニマルを織り交ぜたダイナミックなもの。そのスタイルに沿って、DJとしてプレイする時もフレッシュでパワフルな楽曲でクラウドを沸かせる。 Koenは2008年始めに、レーベル”_aBZoluT.” (www.myspace.com/abzolutrecordings) を立ち上げ、スタート後まもなくリリースされた『Wake Turbulence』はBeatportの総合ダウンロードチャートで1位、さらに2008年7月にはTechnoチャートでも1位を記録。その後も『Pull Up』 『Go Around』がヒット、さらに (Peter) Gelderblomとのコラボ曲『Fokker 126』、Addy van der Zwanとの共作『MIA』、 Ahmet Sendilとのコラボ曲『Rotate』といった楽曲がグローバルシーンのトップDJたちにプレイされ話題に。今年の春にはKG名義(Koen Groeneveldのイニシャル)で4曲入り『Schiphol EP』をリリースし、再び多くのDJたちから熱いサポートを受けた。『Wake Turbulence』の成功後、リミックス依頼も殺到し、a.o. Mark Trophy 『Ripper』、Dataworx 『Control』、Mario Ochoa 『Twisted』、Sander van Doorn Vs. Marco V 『What Say?』、Tocadisco 『2 Many Shots Of Jaegermeister』、Spektre 『Hydra』、 Alex Young 『Uno』、Noir 『The Off World』など数々のリミックスを発表。 2008年、Beatportにおける年間テクノ TOP10 チャートで3位にランクイン、さらに2009年Beatport大賞でテクノ・トラック最優秀賞にノミネートされた。 Koenのキャリアで最も大きな成功はToolroomからリリースされたFatboy Slimとの共作『Rockafeller Skank』だろう。リリースからわずか5日で2009年3月におけるBeatport総合チャートで1位を記録! 2009年夏は世界中をツアーする傍ら、複数のリミックスや楽曲制作に取り組んでいたKoen。Toolroomのボス、Mark KnightとのコラボレーションやDavid Guettaの『Sexy Bitch』のオフィシャル・リミックスがそれだ。