ARTISTS
< >

Marko Fuerstenberg

Baum / Echochord / Ornaments

Marko Fuerstenbergは1976年にドイツのテューリンゲン州に生まれDepeche ModeやA-ha、New Orderをはじめとする80年代の音楽に影響をうける。その後Dolbyという名義のもと制作した音楽をテープにおさめる。95年にはX-trax、Force inc.、Klang、Basic Channelのようなレーベルに影響をうけながら音楽制作を行う。2000年には地元の友人たちとVertikal 23という名義のDownbeatとTrip hopプロジェクトを開始する。ネット上で音楽を配信する過程でネットレーベルThinnerに出会い、Dilby名義のトラックを2002年に発表し、その後もRealaudio、Stadtgruen、Instabilなどのネットレーベルからトラックを発表、Digitalverein, Rktic、Lod、Goldfarbなどのレーベルからもリミックスを提供する。
2003年から2005年までの間には世界中のフェスティバルや主要クラブにブッキングされるようになる。2003年にSurphase名義のトラックが『Thinner Allstars pt.1』に収録され発のヴァイナルとして発表されたトラックとなる。その後すぐにMarko Fuerstenberg名義に音楽活動を切り替える。2006年にライプツィヒに拠点を移し、a.r.t.less、Tfe、Rotaly Cocktail、Ornaments、Baum Records、Echocord Colourなどのレーベルからリリースを続け、クラシックなダブテクノと新しいテックハウスの要素をからめた彼の独自のライブ演奏はファンを魅了し、ダブ、ディープテクノを語るに欠かせないアーティストとなる。