ARTISTS
< >

Keythdeath

1995年に50人からなるクリエイター集団「風の人」を結成し、恵比寿みるくにて10年間「kazenohito presents KOONI」というイベントをプロデュースする。またキーボーディスとして、JPCband、JamAinu、underslowjamsなどのバンドで活躍したと同時に、DJDENNO名義でDRUM'N'BASSを中心に、Maniac Love, Yellow, Liquid Room等でレギュラーパーティをもつ。更にLondon, Amsterdam, Grastonberrry, Berlinなどのフェスやクラブイベントをまわるツアーも行い、経験値をあげる。2007年恵比寿のクラブMILKの閉店をきっかけにKEYTHDEATHとしてソロ活動を開始。エレクトロやハウス、ドラムンベースやヒップホップを基盤としたDJスタイルでフロアをかきまわす。2008年よりWISE(TERIYAKI BOYZ)やSONPUBとともに「KATS'」というエレクトロ、ディスコ、ヒップホップを進化した形で届けるパーティを始める。2009年☆マーレーズ☆というレゲエバンドに参加、アルバムリリース後FUJIROCKに出場する。年間100本を超えるライブツアーを行う。同時にKEYTHDEATHオリジナルの音源制作を開始。ハウスやヒップホップ、レゲエの要素を取り込んだ楽曲は、クラブ用アンセムとして造られている。また、この年から3~4ヶ月に一度の割合で韓国ソウルにて、tokyo undergroundというパーティにレジデントDJとして参加。2010年はさらに活動の場をひろげて、より多くのひとにクラブや音楽のおもしろさを伝えていきたいと考えている。