ARTISTS
< >

Steve Bicknell

Lost / Spacebase / Cosmic

Steve BicknellというDJの名前は、古くからのファンには'90年代後半のUK産ハード・ミニマル・シーンを代表するアーティスト/DJのひとりとして記憶されているかと思う。このウェールズ訛りでドライなユーモア感覚を持つアーティストはしかし、そうしたわかりやすくカテゴライズされた過去のジャンルに収まるようなフィギュアではないということをまず強調しておきたい。
Steveは'80年代末、所謂セカンド・サマー・オブ・ラブという名の乱痴気騒ぎが終焉した直後にDJとしての頭角を表して以来、現在に至るまで20年以上もの間ロンドンのアンダーグラウンドなシーンに留まり続け、つねに徹底した現場の視点から音楽を鳴らし続けてきた筋金入りのDJだ。彼がプレイする音楽はカテゴライズされたスタイル前提のものなどではなく、まず一貫したスピリットありきなのだ。ある種の高潔さすら伴うそのスピリットは、彼がキャリアの初期から続けている自身のパーティ[Lost]で培われてきたものだ。
すえた匂いと埃が立ちこめる廃倉庫など、到底プロパーなクラブとは言えない場所を敢えて選んで続けてきた[Lost] の、真っ暗でごく限られた数のストロボライトだけが淡々と明滅を繰り返すフロアにおいて、Steveはその時代ごとに彼が最もリアルだと感じる音楽のみを強い意志を持ってプレイしてきた。
2010年現在も彼はそのアティテュードを一切揺るがすことなく、彼の音楽とスピリットを求める人々に対してパーティを通して真っ正面から対峙し続けている。現在は[Lost]と並行して[Spacebase]という名の、テクノのみにこだわらないエクレクティックな音楽性を提示するパーティも行ない、ここではロンドンの名レコードショップSoul JazzのクルーやAndy Weatherallらと共にいまも変わらずハードでソリッドなスピリットをもった音楽を鳴らし続けている。軽薄でトレンドに移り気しやすいロンドンのシーンとはまた全く異なるベクトルの、脈々とうねりを続ける当地の地下水脈の本流に存在するDJこそ、このSteve Bicknellなのだ。