ARTISTS
< >

The Revenge

Instruments of Rapture

THE REVENGE aka Graeme Clarkは、10代前半に父から譲り受けた古いドラムマシンとサンプラーで歪んだサウンドのエレクトロニックミュージックを製作開始する。そして両親の持っていたレコードコレクションや、当時ラジオから流れていた80年代のロック、ソウル、ファンク、そして当時急成長していたレイヴシーンに多大な影響を受け、彼独特の音の分析や再構築をスタートさせる。絶妙なサンプリング加工や、大胆なエフェクト処理を施し、独自のグルーヴを武器にリリースを重ね、彼自身のレーベル「Instruments Of Rapture」「Five20East」での作品、そしてリエディットレーベル「L.E.S.S. Productions」の作品は、Danny Krivit、Jimpster、Radio Slave、Prins Thomas、Todd Terje、Gilles Peterson、Ashley Beedle、Joe Claussell、Tim Sweeneyといった各界の大物DJによる全面的な支持を得ている。またDJとしてもJimpster、Joe Claussell、Mark E、Mad Mats、Yousef、Jeff Mills、Jazzy Jeff、MAW、James Lavelleなど名だたる面々との共演を果たしている。最近では20年以上に渡る製作能力とエンジニアとしての経験をフルに発揮し、Harri & Domenic /  Mark E / Jisco / Under The Shade / Fine Art Recordings等の製作に携わりつつ、Deportivo Street Team / OOFT! / Cronk Family Enterprises / 6th Borough Project / The Hong Kong Microsとのコラボレーションからも目が離せない!