ARTISTS
< >

Marcel Knopf

Mo's Ferry / Rrygular

1997年にリリースされたDaftPunkのアルバム『Homework』に多大な影響を受けたMarcel Knopfは熱狂的にレコードを集め始める。2000年にはMatt John (Perlon)と共にレコード店Sine Musicをドイツ・ノルトハウゼンにオープン。Sine MusicはDJの集合場所であり多様な音楽を発信する場となり、後にMarcel Knopfは[Mo's Ferry] のDapaykとJan Langhammerと出会うことになる。2002年よりMarcel KnopfはDapaykと共に楽曲の制作を開始。「Holpergeist EP」は実験的なクラブリリースの始まりで、レーベルに特殊な音を与えることになる。2006年には全曲をネットレーベルから集めた『bits to phono』コンピレーションをコンパイル・ミックスした。2009年にリリースされたデビューアルバム『Dusty Dance』はヴォーカリストや生楽器をフューチャーした近年のトレンドであるオーガニックなミニマルサウンドとハウスミュージックの有機的な融合を実現。4月に同タイトル「Dusty Dance」のリミックスを発表し、リミキサーにはGregor Tresher、LCE、Jeff Samuel、Raudiveが起用され本来のトレンドとはまた違ったエッセンスが各方面で話題を呼んでいる。Joris Voorn、SEBO K、KAROTTEがプレイサポート、Laurent Garnier、Adam Beyer、Thomas Schumacher、Tiga等のトップDJがサポートしたことでも話題を呼んだ。現在はベルリンに活動拠点を置いているMarcel Knopfだが、そのDJセットは幅広いジャンルをカバーしており、ダブ、ハウス、ブロークンビーツ、テクノへの嗜好が伺え、それらを彼独自のサウンドに昇華している。それはフレッシュで独特だがフロア志向である。