ARTISTS
< >

Chopstick

suol/Dirt Crew

彼はシュツットガルト、バンクーバーとハンブルクに住んだ後に、現在ドイツのエレクトロニック・ミュージック大都市ベルリンに拠点を置いている。様々な方面から最も有能で多彩なアーティストの一人としてこのシーンで尊敬されている彼の仕事は、プロデューサー、リミキサー、およびレーベルマネージャー。彼の深く繊細なセットは、聞くたびにユニークにDEEP HOUSEとTECH HOUSEの間を変幻自在に流動し、クラウドを奮い立たせ、オーストラリア、アジア、南米、北アメリカ、およびヨーロッパ中で、大地を感じることのできるようなエモーショナルな音を彼は世界的に聴衆に知らしめた。そして長年の友人であるKling Klong Recordsのオーナー、MartinEyererと彼はEyerer&Chopstickという共同作業を始め、実に20.000

枚以上のアナログレコードを売りあげた。また、Cassius Singer、Philippe Zdarをフューチャーした"Make My Day(Haunting)"というリリースは、さまざまなレーベルでライセンスされ、エッセンシャルなニューチューンとしてPeteTongによるRadio1で何度も取り上げられた。2007年秋に、彼がCriminal Recordsと共にいったん自分の力量を示すと、Chopstickはcrime Johnjon、Andr&eacute、Stubbs、Baalsaalと共に彼のセカンドレーベルを立ち上げる。
更に2010年1月、ChopstickとJohnとBaalsaalはSuolというレーベルをつくると、それらはすぐに土着的で深いサウンドを提示するレーベルとして認知され、今やHeiko Laux,Trickski, Fritz Kalkbrenner, Chopstick, Johnjon, Till von Sein,
Here Today, Tigerskin, Axel Bartschなどの名だたるアーティストを擁するレーベルとなっている。
Chopstickの指導で、流行の旋律にとらわれていない音楽にサインするのを恐れないSuolは急速に国際的な知名度を獲得し始め、上質のアンダーグラウンドミュージックの偉大な源として急速に認識されるようになった。
Suolというレーベルとしても彼自身としても、また、一人の友人や相棒としてだったりレーベルマネージャや彼の友人のコンサルタントとしても、更にはサウンドエンジニア、DJ、プロデューサー、 マスタリングエンジニアや作詞家として、彼は恐れることなく力強い個性と卓越した完成を全てのものに同時に吹き込み続けていくことだろう。