ARTISTS
< >

SKREAM

ダブステップの巨星、そしてテクノへ。スクリームは南ロンドン、クロイドン出身のスクリームはヒップホップで育ち、11才でDJを開始、グラフィティでSKREAMと名乗り始める。またアンダーグラウンドのUKガラージに傾倒し、14才から曲制作を始め、15才からクラブ通いを始める。実兄でプロデューサーのHIJAKが現在のダブステップの発祥地となる伝説的レコードショップ/レーベル、Big Appleのスタッフだった経緯から、'03年にBig Appleから1st.リリース、'05年にはダブステップのパイオニア・レーベル、Tempaからもリリースを開始し、シーンを代表するアーティストとなる。初期作の"Midnight Request Line"が'05年後半、一気にブレイクし大評判を呼ぶ。そして'06年の1st.アルバム『SKREAM!』は多方面に衝撃を与え、BBC、Dazed & Confused、The Wire、XLR8R他、様々なメディアから注目を集める。'08年はBENGA、ARTWORKと結成したトリオ・プロジェクト、MAGNETIC MANのライヴがセンセーションを巻き起こし、'10年にアルバム『MAGNETIC MAN』をColumbiaから発表。また自身の2ndアルバム『OUTSIDE THE BOX』もTempaからリリースし、ダブステップ~今日のEDMシーンのトップ・アーティストとなる。多忙なDJ活動を続ける中、自己のDisfigured Dubzを始め、Digital Soundboy、Swamp 81等、多くのレーベルから活発なリリースを展開、ダブステップの範疇を超える作品を世に送り出した。そして、今、世界を圧巻したジャンルのポスターボーイSKREAMが次に進んだ道、それはテクノ。今やテクノの新たなサウンドをCrosstown Rebels&Hot Naturedなどのレーベルからリリースし、自分自身を再確立している。数多くの大規模音楽フェスの常連となり、 DC10でのJamie Jones’s ParadiseではJackmaster、Eats Everything、Seth Troxlerと共に ’J.E.S.u.S’を作り、レギュラー出演をすると同時に自身らのレーベル Unsound Mind も立ち上げた。


SKREAM has very much competed his transition from being the poster boy superstar of a genre that has now taken over the world to re-establishing himself with a new sound of techno (releasing on labels such as Crosstown Rebels & Hot Natured) and rising to the top of lineups at the biggest festivals on the planet, becoming a regular at Jamie Jones’s Paradise at DC10,  forming ’J.E.S.u.S’ alongside Jackmaster, Eats Everything und Seth Troxler and setting up his very own label Of Unsound Mind.