ARTISTS
< >

Kento Mori

2006年、単身渡米。翌年、トリオタレントエージェンシーと契約。 タイラ・ビー、テリー・クルーズなどの数々のUS アーティストとミュージックビデオ、ステージまたはクラブシーン、コンバースのコマーシャルなどの仕事をこなす。
'08年、 マドンナのワールドツアーダンサーに抜擢され世界中を周る。'09年、マイケル・ジャクソンによって彼の専属ダンサーに選ばれ、2年契約を交わすもマドンナとの契約中のためそれを断念。その"This is it"オーディションを最後としてマイケルが亡くなり、マイケル・ジャクソン自らが最後にセレクトしたダンサーとなる。その後、マドンナのワールドツアーにて、マイケル・ジャクソン本人に扮して会場を沸かせた。そしてマイケル・ジャクソン追悼ワールドツアーで再び世界を回り、ロサンゼルスに帰国。またマドンナ、クリス・ブラウン、ザ・ゲームのミュージックビデオ、ステージ、さらにはペプシのコマーシャルにも出演。