ARTISTS
< >

Terrence Parker

1982年にヒップホップDJ、Mix Master Xとしてデトロイトにて音楽活動をスタートさせ、1988年より楽曲を発表しはじめる。K7!からもアルバムを2枚リリース、ファーストアルバムからシン グルカットされた”Emancipation Of My Soul”はUKで大ヒットを記録した。また、93年より自ら[Intangible Records&Sound Works]というレーベルを立ち上げ(KDJもこのレーベルからリリースしている)、2001年には[Real Righ Music]というサブ・レーベルも開始。デトロイトのDJたちに「誰が一番すごいDJ?」と聞くと必ずテレンス・パーカーの名前があがる。彼のDJテク ニックはジェフ・ミルズやバッド・ボーイ・ビルやターンテーブリストたちとよく比較される。日本では「知る人ぞ知る実力者」のイメージがあるが、世界中の 100都市以上でプレイしているインターナショナルDJなのだ。2001年に一度彼はDJを引退。2002年にバプティスト教会からの洗礼を受け、敬虔な クリスチャンとなったのち、彼はふたたびDJブースに帰ってきた。彼がハウス・ミュージックにこめるポジティブなメッセージは深く心に突き刺さる。クリス チャンならずとも、きっと感じるものがあるはずだ。(TAKAMORI K.)