ARTISTS
< >

Cesar Merveille

29歳のCesar Merveilleは、ジャズ、アート、ワイン、また時折ブルターニュ (フランス北部)へ釣りに行くことをこよなく愛し、そこに多大な影響を受けた伝統的なハウス、テクノミュージックのエッセンスをブレンドすることで急速にプロデューサーとしての階段を上り始めた。彼のChocopop Jazz (Remake Music)やDescarga (Cadenza)など、彼の卓越したプロダクションはLucianoのDJプレイの中心的な要素としてセットに盛り込まれるなどそのサウンドは今までに聴いたことのないようなスタイルだ。彼自身もフランス、オランダ、イタリア、イングランドとアイルランドなど、ヨーロッパ中のクラブのデッキで彼の手際のいいタッチを披露している。多くの迷惑をかけていた両親から田舎のベーカリーで仕事をするよう言われた青年時代に学んだことは自分がやりたいことのためには一生懸命努力しなければならないことだった。彼の創造的な野心を成し遂げることへの道は自国パリからロンドンまでCesarを向かわせた。グラフェィックとデザインの学位を取得した。?まだその頃音楽は7歳時にピアノでHey Judeを弾いていたときから永遠の友?趣味の域を超えていなかった。大学を卒業した後に自身のデザイン事務所Hijackstudioを設立した。しかしこの頃より楽曲制作へ意欲をますます思い描くようになっていった。Safari Electroniqueからの初めてのリリースの後、Chocopop Jazzのリリースと共に彼の意欲は頂点に達し、「音楽を自分の仕事としてやっていこう」と決意した。そしてそれは明確な結果として現れることとなった。彼の創造力の溢れ出る欲求はDescarga (Cadenza)を生み出し、Cadenzaからの新たなソロプロジェクトやCircus Recordsからリリースされる予定のRyan Crosson とのコラボレーションタイトルを含む、エキサイティングな数多くのリリースを約束することとなった。彼の多忙を極めるツアースケジュールのなかには Pacha (Ibiza)やFabric、CableやT-Bar (London), Kamakama (Pisa) やthe Warehouse (Manchester)などの多くの今、旬のクラブが含まれている。そしてCesarは言う「仕事としてDJや音楽製作ができることは今のところ自分の人生でもっとも大きな成功だ。」しかし彼のタレントと方向性は今始まったばかりだ。より大きな成功が待ち構えている