ARTISTS
< >

DJ OGAWA

パンク、ニューウェーブ、ヒップホップ等様々な音楽に熱中した、中学高校生時代をクラブ創成期だった東京で過ごし、その周りの環境はもとより、80年代後半シカゴで産声をあげたハウスミュージックとの出会いが必然的に彼をDJの道へと導く。
ダンスミュージックへの情熱を絶やす事なく、常に移り変わるダンスミュージックシーンのトレンドを常にキャッチし、長年の経験と緻密で高度な技術から繰り広げられる抜群のフロアコントロールと感情を思うがままに表現する彼独自のDJSTYLEは、国内外のトップDJ等からも高く評価され、全国各地に熱狂的な"DJ OGAWA"ファンを獲得している。

現在、名古屋発信ながらもその名を全国に轟かせる名パーティー、SMASH@CLUB MAGOをはじめ、 HOUSTEK@ID、古くからの盟友DJ EMMAと共に立ち上げたHOUSE REVENGE@CLUB MAGO等のレギュラーパーティーを中心に東京では2008年にクローズしたYELLOW、WOMB、表参道ORIGAMINA等でも度々ゲストとして招聘される他、国内各地の有数のクラブでゲストとしてPLAY、アジア圏等の海外にも幾度となく招聘されPLAYしている。近年日本全国各地で開催され'08年には香港、台湾等でも開催され、いずれも大好評を得ている世界に誇るファッションブランドUNDERCOVERのデザイナー高橋盾氏によるドールメイキングイベント、"THE SOUND AND THE FURY"にもDJとして参加。トラックメーカー、リミキサーとしてもスタジオパートナーUNICとともに、'08年NITELIST MUSICよりOGAWA&UNIC名義で"DEPARTURE"をリリース。リミキサーはSUGIURUMUN、ロゴデザインは彼を学生時代から知るBOUNTY HUNTERのHIKARU氏が担当した事でも話題を呼び、発売と同時に瞬く間にソールドアウト。シスコレコードのハウスチャート、総合チャートでも共に1位を獲得。その他数々のレコードショップやトップDJのチャートでも軒並み1位を獲得。HERNAN CATTANEOのラジオショウでプレイされたりトップDJ間でもパワープレイされる等、異例のセールスを記録した。
その後同レーベルよりリリースされたKAORU INOUE "THE WHISPERER IN GERMINATION"のリミックスを担当。DJ EMMAによるMIX CD "EMMA HOUSE"にも収録され、全国各地のダンスフロアーでPLAYされ未だロングランセールスを記録している。KAORU INOUE氏に至っては、そのリミックスを高く評価し一晩のセットで3度もPLAYした程である。

'09年にはINNER CITY JAM ORCHESTRA"SAKURA"のリミックスを担当、こちらもDMRの総合セールスチャートで1位を記録。同年4月には、昨年夏にリリースされたSUGIURUMN & DJ EMMAによるMIX CD "LIVE AT PACHA"に収録され、同年6月HERNAN CATTANEO JAPAN TOURにおいてHERNANCATTANEOが絶賛しピークタイムにパワープレイされる。オリジナルトラック第2弾"SMASH"をNITELIST MUSICより再びリリース。こちらもロゴはHIKARU氏が制作、リミキサーは DEX PISTOLSのDJ MAARが担当。全国各地のダンスフロアーでピークタイムにプレイされビッグヒットを記録。

2013年アルバム"ACID CITY"にコンパイルされた"AC2D"with UNIC、そして2014年以降にはDJ NAKAHARA / PARADISE STEAM  OGAWA & UNIC REMIX / BASS WORKS 、DIATONIK 6TH ANNIVERSARY issue DIATNIK6 Diaism / OGAWA & UNIC、HARUKAZE / OGAWA & UNIC / SUFFUSED MUSIC、ACID EP3としてアナログ盤も発売され、ACID CITY 2にもコンパイルされたBEYOND ACID / OGAWA & UNIC / NITELIST MUSIC 、そして公私ともに信頼を置いているDJ HERNAN CATTANEO氏によりREMIX の話題作、SAGRADA FAMILIA / OGAWA & UNIC (include Hernan CAattaneo &Soundexile REMIX) / BASS WORKSもリリースするなど、今後の日本発のダンスミュージックシーンを支える重要人物である。