ARTISTS
< >

Crookers

OWSLA / Ciao Rec

イタリア発スーパーユニットCROOKERS。、2008年のGAN-BAN NIGHTでの初来日以来、翌年2009年にはFUJI ROCK FESTIVALへの出演を果たすなど日本のクラウドを魅了し続け、現在も日本のクラウドからのラブコールは絶えない。Crookersのサウンドは、Armand van Helden、Bonde do Role、Brodinski、The Chemical Brothers、Moby、Busy P等、ジャンルを超えて現在トップアーティストから絶大な支持を受けている。2008年のGAN-BAN NIGHTでの初来日以来、翌年2009年にはFUJI ROCK FESTIVALへの出演を果たすなど日本のクラウドを魅了し続け、同年、日本限定盤アルバム『PUT YOUR HANDS ON ME』をリリースし話題を呼び、現在も日本のクラウドからのラブコールは絶えない。その後もSouthern Fried Records、Kitsune、Ministry of Sound、Defectedを始めとする名門レーベルより続々とリリースを重ね、シーンを驚かせている。幼少よりピアノとギターを習 い、十代で既にシンセサイザー、ターンテーブル、シーケンサー等を巧みに操りエレクトロニックミュージックへと飛び込んだBotと、11歳という若さでDJを始め、イタリアのヒップホップシーンへデビューを飾りMCになってしまうほどダンスミュージックカルチャーへ没頭する 中、成長してきたPhara。2003年、この二人が出会い、制作を始め二つの鋭い探究心と創作力の化学反応が起こした先に生まれた”Crookers Sounds”。ヒップホップ、ハウス等の影響を受けた彼らのサウンドは、時代やジャンルにとらわれず、二人が今まで吸収した良いもの全てを投下してい る。新しいことを求め創り上げたサウンドでありながら根底に懐かしさも感じる絶妙なブレンドの”Crookers Sounds”は唯一無二だ。近年、数々の若きプロデューサーがシーンに現われる中、Crookersがその最前線をリードするのは、彼らの長年シーンに触れ成長してきた背景、自然に湧 きおこる二人自由な発想や未開拓の地に常に前進するその熱意とハングリー精神が、自らが誇る圧巻のテクニックの全てを投入しているだからこそだろう。2010 年3月にリリースされたデビューアルバム『Tons of Friends』は、SoulwaxとMixhellをフューチャーした「I LOVE ANIMALS」を始め、Black Eyed PeasのWill.I.AM、Spank Rock、Drop The Lime、Major Lazoer、Yelle等シーンのスーパースターがフューチャーされ既に名盤となっている。Crookersのサウンドは、Armand van Helden、Bonde do Role、Brodinski、The Chemical Brothers、Moby、Busy P等、ジャンルを超えて現在トップアーティストから絶大な支持を受けている。現在はPhlaのソロユニットとして自身のCiao Recなどからデュオのときと変わらず豪快かつダーティーなサウンドで人気を集めている。DiploのMad DecentやSouthern Fried等の名門でリリースを重ね、現在はグラミー賞受賞アーティスト”SKRILLEX"が創設した名門レーベルOwslaの主要アーティストとして活躍している。