ARTISTS
< >

Mentalinstrum

1990年、当時ハウスという音楽に触れたことのなかったEddie Perezは偶然が重なり、一人の男に出会う。その男は当時のハウスシーンにて著名な作品を数多く手掛けることで知られていたSmack Productionsのメンバーであり、その出会いがEddieの人生を大きく変えることになった。
Eddieは自身のキーボードスキルをメンバーたちに高く評価を受け、ニュージャージーハウスのサウンドワークを学ぶことになる。それから間もなく、Eddieは従来のSmack Productionsのサウンドをよりカッティングエッジにした、Dub的な要素の強いオリジナルサウンド"Mentalintrum Dub"を作り上げたのだった。以降、"Mentalintrum Dub"は1992年から97年にかけてアメリカ全土をはじめ、ヨーロッパに至るまでのダンスフロアを席巻することとなった。その中でもハウスレジェンドにも掲載されるなどハウスを語る上では外せない一枚GERIDEAU"Take A Stand For Love"のMentalinstrum Mixは当時多くのDJにヘビープレイを受けるなど高い評価を受けた仕事となった。
Eddieは他にもAdeva、Michael Watford、Colonel Abrahamをはじめとしたディープハウスファンならば誰しもが知っているアーティストとのコラボレーション作品を様々な名義を使い分け、NYの名レーベルShelterやStrictly Rhythm、Easy Street、King Street Sounds、Cutting Traxxなどから数多く発表している。中でもNiles Arringtonをフィーチャリングした"G mans groove"はFrankie Knucklesのチョイスする"All Time House Classics"に挙げられており、そのレベルの高さを伺い知ることができる。
1997年を境にハウス以外のプロダクション依頼が大量に舞い込むことになり、Eddieはハウスの世界での活動を縮小することとなったが、デジタル革命の到来により自身のレーベルを立ち上げるなど、2008年から再び活動を積極化させている。
ニュージャージーのアンダーグラウンドシーンを20年近くに渡り支えてきた彼だからこそ紡ぎだせる音がある。