ARTISTS
< >

Pal Joey

New York出身のDJ/プロデューサー。幼少時からNYのストリートカルチャーの洗礼を受けていた彼は、スタッフとして働いていた伝説的レコードショップ"Vinylmania"でLarry Levanと親交を持ったことを契機に、80年代終わりから活動を開始。早くからJazzの要素を取り入れたシンプルだがクセになるトラックで注目を集め、90年代初期にリリースした"Earth People/Dance"、"SOHO/HOT MUSIC"は、Danny KrivitやLouie Vega、Timmy Regisford、Derrik May等のトップDJ達がヘヴィープレイし、彼の地位を不動のものとした。また、自身のレーベルである"LOOP'D'LOOP"からリリースした"Party Time"も、90年代のハウスシーンを代表するクラシックスとして未だ高い人気を誇っている。ハウスシーンに留まらず、KRS-One、Dee- Lite、Sade、The Brand New Heavies、The Orb等への楽曲提供をはじめとしたクロスオーバーな活動を続けており、その姿勢には、ここ日本でも"House Legend"誌で紹介される等、根強いファンを持つ。昨年には新たなレーベル"Pal Joey Music"から、キャリアの集大成ともいえるベスト・アルバムをリリース。ベテランの領域に差し掛かりつつも、常にアンダーグラウンドに身を置き、時代 に流されることなくサンプリングを主体とした妥協のないトラックをリリースしている。