ARTISTS
< >

土岐麻子

avex

 

1976年3月22日、東京都出身。97年にCymbalsのリードシンガーとしてデビュー。5枚のアルバムと8枚のシングルをリリース。04年1月に惜しまれつつ解散。同年2月に『STANDARDS ~土岐麻子ジャズを歌う~』でソロデビュー。共同プロデュースにあたったのは、実父でもある日本屈指のサックス奏者・土岐英史。04年8月にシングル「Love's Theme」(NTT Coden CMソング"Play our love's theme"収録)、11月にはジャズ・カバー集第2弾『STANDARDS on the sofa~土岐麻子ジャズを歌う~』をリリース。マイケルジャクソンからローリングストーンズまで、ジャズ・アレンジによる異色のカヴァーが話題となった。05年9月には待望のオリジナルアルバム『Debut』リリース。その非常に高いクオリティと土岐麻子の"声"で等身大の魅力を眩いばかりにアピールし、各方面で高い評価を得、大きな反響を呼ぶ。同年11月、STANDARDSシリーズ第3弾『STANDARDS gift ~土岐麻子ジャズを歌う~』、ヴィレッジ・ヴァンガードでのライヴ盤で当初限定発売だったもののあまりの評判のよさについに同店の定番商品となった『LIVE AT VILLAGE VANGUARD』をリリース。afternoon teaやagete、iTunes Music Storeなどとのコラボレーション。06年4月にリリースされたばかりの江利チエミ『CHIEMI SINGS』の選曲など、活動の広がりはとどまるところを知らない。また、音楽活動以外にもCM音楽の歌唱やナレーションなどでも幅広く活躍。浮遊感のある声質、その独特の歌唱はCM界でも引く手あまた。07年11月「土岐流シティ・ポップ2007」をキーワードにした約2年振りのオリジナルアルバム『TALKIN'』をリリース。08年6月『Summerin'』をリリース。09年1月にはアルバム『TOUCH』をリリース。川口大輔、奥田健介(NONA REEVES)を共同プロデューサーに迎え、土岐麻子の歌声を120%開花させたボーカル・アルバム。本人出演が話題となったユニクロTV-CM ソング「How Beautiful」をはじめ、 通をも唸らせたNISSAN 新型TEANA TV-CM ソング「Waltz for Debby」など、話題のタイアップ曲や、キリンジ堀込泰行とのデュエット・ナンバー「FOOLS FALL IN LOVE」も収録!くるり岸田繁、松本良喜、スウェーデンの天才SSW ヨハン・クリスター・シュッツ など、 豪華作家陣の書き下ろし楽曲に、土岐本人のファンタジックでちょっぴりシュールな歌詞が化学反応を起こす!09年4月14日に、初のスペシャルセレクトアルバム『middle&mellow of ASAKO TOKI』をリリース。09年8月26日新曲「Flamingo」に加え、数々のコラボレーション・フィーチャリング・カヴァー・CMソングといった“外仕事”をコンパイルした『VOICE ~WORKS BEST~』リリース。10年5月には『乱反射ガール』をリリース。そして11年11月にはニューシングル『Gift ~あなたはマドンナ~』をリリース予定。