ARTISTS
< >

Patrice Bumel

Patrice Bumelはアムステルダム在住のドイツ人のミュージシャン。
本格的な音楽活動の前は、彼はコンピューター・プログラムとデザインの教師だった。ステージ上でもスタジオでも、Patriceは結合不可能なものを結びつけようとする。対照的な素材を混ぜ合わせ、その驚きとダイナミズムを楽しんでいる。人間とマシーン、暖かさと寒さ。それらは彼の曲、DJミックス、そしてポッドキャストにおいて繰り返し登場するテーマである。
<Get Physical>からの"Roar"(2008年)、<Trapez>(2005年から2007年)、<Studio !K7>(2009年)からのリリースやプロダクション、Booka Shade、Bomb The Bassへ提供したリミックスを通じて、確固たる評価を確立したPatrice。また、Nuno Dos Santosと共にカッティング・エッジなDJ&プロダクション・デュオ『360』を結成。またレーベル、そしてブッキング・エージェンシーとしての<Trouw>の共同オーナーとして、積極的にビジネスへも携わっている。
2010年、Bumelは<Trouw>からデビュー・アルバム『Vapour』をリリース。この作品は、クラブとリヴィング・ルーム、カーステレオとiPod、もしくはアフターパーティーまでをひとつの線で結びつけるような、普遍的で流動的なリスニング・テクノだ。このアルバムのトラックはApparatによる<!K7>のミックスシリーズ『DK Kicks』にもライセンスされ、その他のトラックは<Get Physical>からリリースとなる、M.A.N.D.Yがコンパイルした『Body Language』にも収録されているほか、Lee Jonesとのコラボレーションによって産まれたトラックは、Lee Jonesの『Watergate mix』にも収録されている。